★トマ子のお仕事

2020年5月 7日 (木)

〈 復興わがまち ご当地ごはん! 〉【第46回】徳島県「いも餅」

本日アップされたWeb防災情報新聞の私の連載記事 〈 復興わがまち ご当地ごはん! 〉 【第46回】 徳島県「いも餅」では、前回に引き続き徳島県の過去の自然災害と郷土料理をご紹介しています。

Dscf8929

前回の〈 復興わがまち ご当地ごはん! 〉【第45回】 徳島県「かきまぜ」では徳島県の地震災害と津波被害、郷土料理はハレの日のちらし寿司「かきまぜ」をご紹介しました。

今回は、台風の影響が大きい徳島県の風水害と享保の飢饉についてご紹介しています。この飢饉をきっかけに救荒作物であるさつまいもの栽培が東日本でも始まりました。そして、今回の徳島県の郷土料理はそんなさつまいもを使った「いも餅」です。

写真は記事内では書ききれなかった缶詰の砂糖入りあずきを煮つめて、あんこを作っているところと、

Dscf8897

ふかしたさつまいもと蒸した上新粉のお団子を混ぜるためにすりこぎ棒で搗いているところです。

Dscf8919

蒸したお団子の粘りがすごくてさつまいもとなかなか一体にならずに苦労しました。

読んで、作って、食べて楽しめる、3回美味しい復興わがまち ご当地ごはん。どうぞご覧ください。

 

〈 復興わがまち ご当地ごはん! 〉 【第46回】 徳島県「いも餅」  

 

WEB防災情報新聞トップページ

 

 

 

| | コメント (0)

2020年4月 8日 (水)

〈 復興わがまち ご当地ごはん! 〉 【第45回】          徳島県「かきまぜ」

 

トマ子こと大塚環の防災情報新聞 連載の今月の「復興わがまち ご当地ごはん!」は、徳島県の郷土料理であるちらしずし「かきまぜ」です。

Photo_20200408221401

徳島県の過去の自然災害だけでなく、徳島県の成り立ちや阿波踊りの起源についてなども書いています。そして郷土料理「かきまぜ」は、徳島ならではの金時豆入り!。お酢の代わりにゆずの果汁を入れるのもご当地ならでは!とっても美味しいのでぜひレシピを見て造ってみてね。

ではでは~。

〈 復興わがまち ご当地ごはん! 〉 【第45回】 徳島県「かきまぜ」

WEB防災情報新聞トップページ 感染しない、させない― 内なる“ロックダウン”(自衛)

 

 

| | コメント (0)

2020年3月22日 (日)

〈 復興わがまち ご当地ごはん! 〉 【第44回】          島根県「出雲そば」

 

新型コロナ肺炎の感染が日本でも世界でも広がる中、保存が出来て免疫力を上げる食材に注目が集まっています。

その一つが 蕎麦(そば)💡 です。

Photo_20200322125701

乾麺で買えば日持ちはするし、蕎麦を「出雲そば」にすれば栄養価もグーンとアップ⤴。

 

ということで、今月の私の防災情報新聞連載記事

〈 復興わがまち ご当地ごはん! 〉 【第44回】 島根県「出雲そば」

では島根県の過去の災害と、郷土料理の出雲そばの歴史やつくり方、栄養価についてご紹介しています。

感染症も防災も、まずは敵を知り対策を練るのが肝要です。

 

防災情報新聞 トップページはこちら

 

 

| | コメント (0)

2020年3月20日 (金)

〈 復興わがまち ご当地ごはん! 〉 【第43回】           島根県「シジミ汁」

 

2月7日にアップされた復興わがまち ご当地ごはん! は、島根県の災害と郷土料理「しじみ汁」です。

Photo_20200327233701

 

神話の国と呼ばれる理由は?災害にどうやって立ち向かってきたかなどなど、読み応え満点です。

どうぞご一読くださいませー。

〈 復興わがまち ご当地ごはん! 〉 【第43回】 島根県「シジミ汁」

 

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

連載再開 〈 復興わがまち ご当地ごはん! 〉 【第41回】 長野県「おやき」

お休みしていた防災情報新聞の私担当の連載「復興わがまち ご当地ごはん!」を再開します。

〈 復興わがまち ご当地ごはん! 〉 【第41回】 長野県「おやき」

いやー、ちょっとばかり(5ヶ月も)わがままを言ってお休みにしていただいていた連載です。災害を調べて、郷土料理を作って、食べて、写真はくにろくさんに撮ってもらっています。最初は私自身が撮影していたのですが、途中からくにろくさんの撮影になっております。

Photo_20191207125401

今回から二回は長野県の災害と郷土料理をご紹介します。災害は10月の台風19号について、郷土料理は長野県第一回目は「おやき」です。

いつものように、料理研究家でもなんでもない素人の私がおやきを自分で作って食べています。もちろんおやきや、長野県がなぜ信濃や信州と呼ばれるようになったかなどなど歴史も調べてみました。面白かった~。

 

ここだけの撮影話

おやきは丸く作ったつもりが、皮を止めるところでうまくできず若干いびつです。す、すみません。しかも焼いたらもっと膨らんで変になったというおまけ付き。でもとっても美味しくて、おやきは手作りが一番だと思いました!!

今日は横浜で初雪が降ったほどの寒い日。こんな日には、皮から手作りしてぜひこんがりとキツネ色の、カリカリ香ばしいおやきでも作って食べながら、トマ子(大塚 環)の当連載をよんでいただけると嬉しいです。

毎月7日にアップされますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

新 防災情報新聞WEB

旧 防災情報新聞WEB版

それにしても冷えるなー。今日は

 

大塚 環

 

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

復興わがまち ご当地ごはん! 第38回 埼玉県 いがまんじゅう

復興わがまち ご当地ごはん! 第38回は、 埼玉県の2回目。

1947年のカスリーン台風によるおもに埼玉県の被害状況について書いてます。

そして埼玉県の郷土料理は「いがまんじゅう」です。

 

郷土料理、作れば作るほど、知れば知るほど工夫がいっぱい。

どうしておまんじゅうにお赤飯をかぶせたのか?実際に作るとその理由がわかりました!

復興わがまち ご当地ごはん! 第38回 埼玉県 いがまんじゅう

前回は埼玉県災害&郷土料理の特集の第一回でした↓

復興わがまち ご当地ごはん! 第37回 埼玉県 かて飯

一回目は埼玉県の地震災害についての記事です。そして、具がいっぱいのかて飯は、炊き込みご飯に見えて違うのです。旬がたくさん詰まった郷土料理です。現在でも給食で大人気だそうですよ。

| | コメント (0)