★JR、鉄道記事

2015年3月16日 (月)

さようなら寝台特急北斗星② 朝の雪原の中で朝食を

087

前回の旅の続きです。

真夜中にスイッチバック。その時の写真です。乗客のみんな廊下に出てきて、お外をパチパチ撮影。

093

興奮とガタピシする揺れでなかなか眠ることができなかった私は、やっと3時頃に就寝しました。

しかし、翌朝も6時30分から始まる朝ごはんのために早起きします。

5時45分に起床。ねむ~。

067

急いで身支度をして、6時15分に食堂車へ向かうも、すでに長蛇の列。入口で名前と人数を聞かれて、席が空くと順に呼ばれるしくみです。

なので、みんな食堂車の隣の半室ロビーで待機中。部屋がぎゅうぎゅうでした。

外はまだ暗くて、雪だらけ

食事の順番待ちの時に電車が一度止まったのでホロニガくんは外へ出て、ホームを走って撮影です(以下の4枚)。

寒いのに鉄男くんたちもみんな撮影ダッシュさっ。みんな好きだねぇ、鉄道。トマ子は暖かい車内で彼らに生暖かい微妙な視線を送っていましたw。

068

071

 

072

069

7時40分ごろに、トマ子たちはやっと食堂車へ入れました。

075

和食、洋食、それぞれ1650円。

074

トマ子は洋食にしてみた。

080

うーん、おいしい~。

079

076

和食もパチリ。

078

091

外は見渡す限りの雪原や、海。その中を列車は走り、そこに朝日が昇って本当に素晴らしい景色です。

081

こんな景色を見ながらご飯が食べられるのは寝台の醍醐味ですよね~。

082

晴れていたので、とても清々しく、神々しさも感じた朝の風景でした。

8時15分ぐらいに食べ終えて、一度個室へ戻り、今度は9時からシャワーです。

083

トータルで6分しかお湯が出ないため、お湯を出すタイミングをはかりながら入ります。

084

まず髪と体とタオルを濡らして、お湯を止め、髪と体中あらってから、全部流すって感じかなぁ。これだとたっぷりすすげて、なかなか快適でした。

085

残り時間が表示されますので、シャワーを浴びる方はその時間を見ながら上手に浴びてくださいね。

それから一度シャワールームに入ると、そこから時間が換算されますから、そのあとに「あ、忘れ物した」とシャワー室外へ出ちゃうと、6分の時間がゼロになるそうです。くれぐれも一度入ったら出ないように気をつけましょう。

シャワーの予約時間が朝しか残っていなかったので、朝にしたのですが、朝の方がシャワーはおすすめかもしれません。

寝台車で頭もくしゃくしゃになっているし、札幌に着くのは11時頃ですから、朝はわりとのんびりできるんです。その中にシャワーを入れると有意義に時間が使えます。

この日は雪で40分遅れていたので、個室に戻ってのーんびりしました。

092

そして札幌に到着。大雪で北斗星も雪だらけっす。お疲れさま~。

086

楽しかった北斗星の余韻もある中で、札幌に住む従妹とお昼ごはんにエスカロップランチを食べて、

110

スーパーカムイで旭川へ行き、一泊。

094

夜の美味しい居酒屋と、

088

089

旭山動物園を堪能して、

095

096

帰りはカシオペアです~。

097

ロビーカーに行ったら、ウェルカムドリンクとモーニングチケットが配られました。

098

個室はこんな感じ。

101

夜はフレンチです~。

102

104

103

105

106

107

うーん、フレンチもとても美味しかったです。

翌日、無事時刻通りに到着して、列車旅は終了です。カシオペアは夜もぐっすり眠れて快適でした。

また寝台特急旅したいな~。ではまたね~。

<北斗星ニュース>

3月13日をもって定期運行を終了した北斗星は、8月21日まで臨時便として隔日運転するそうです。

列車の編成も変え、半室ロビーがロビーカーに代わり、A寝台が増えるとのことで、今までよりも豪華になって運転するんですってよ、奥さん!

また乗りたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

さようなら寝台特急北斗星① 昭和の香りがするブルートレイン

032

★北斗星に乗りたい!土下座(気分)で頼む

トマ子は、鉄子(鉄道好きな男の子 鉄っちゃん の女子バージョン)と言っても、それほど電車に詳しいわけでもなく、寝食を忘れるほどの鉄道好きというわけでない、半人前鉄子ではありますが・・・、

北斗星が廃止されるのを知って矢も楯もたまらず、年末年始18切符旅で大旅行の計画があったのに、家族に懇願(本気)して、

年末年始旅行とは別に、北斗星を使って北海道へ行かせてくださいっっっ!!!crying

と、土下座しました(気分的に土下座)。

私は、子供のころから寝台車には何度も乗っていますが、なんと、お恥ずかしながら北斗星に乗車したことは一度もなかったのです。

元同僚のSさんは高校時代に鉄道研究会へ入っていたし、100回くらい北斗星にも乗っているそうで、それを聞いた時には、プロとアマ?の歴然とした差を見せつけられた感がございました(ちなみにトマ子の高校時代はサッカー部マネージャーだったよん)。

家族的には、「え~また旅行?」と若干渋い顔をされたものの「取れたら行ってもいい」というではありませんかcoldsweats02。大散財になる覚悟で、トマ子の必至のチケットゲットの日々が始まりました。

★チケットをとるためにトマ子がしたこと

まず、トマ子が動き出したのは2014年の12月頭でしたから、すでに北斗星廃止のニュースが流れて、連日チケットが取れないという状態でした。

なので、

①ロイヤルスイートなど、超レアな部屋は狙わないこと。乗車優先。
②しかし、開放型寝台ではなく、2人用個室である デュエット には必ず乗りたい。個室以上を狙う。
③絶対に食堂車で食事をしたいので、食事券もゲットする

という条件を自分で決めました。

JRのチケットは、すべて1ヶ月前の10時から発売となります。

そして、北斗星のチケットは、売り出して数分で完売するほどの人気です。なので、一か月前のチケット売り出しよりもさらに前から、みんなは動いています。

なお、発売と同時(10時きっかり)に、申し込みのボタンを押してもらっても、全国のみどりの窓口やびゅうなどで一斉に押しているため、レイコンマ何秒の差で取れたり取れなかったりします。

 運 と 係りの人の早押し にすべてがかかっているのです!

そして、一度は取れなかったものの、その後も調達するノウハウをネットなどで見つけて攻略し、執念typhoonで取りました~!!ばんざ~い!happy02

しかも、びゅう経由で取ったから、レア商品として値段が吊り上がっている旅行会社のツアーの値段ではなくて、JRの正規の値段で乗れたのです。

やった~~!

ということで、トマ子の

行き 北斗星 B寝台デュエット(食事券とれた 北斗星御膳 和食)

中日 北海道 旭川泊

帰り カシオペア ツイン (食事券とれた フレンチ)

という、バッチリ旅行が始まったのでした~。

033_4


★アイドルか?と思ったら北斗星がいた

上野発の寝台北斗星に乗るために、荷物をガラガラひいて北斗星のホームに向かうと、人だかりが見えました。

ん?だれか芸能人でも来ているのか?と思ったら

北斗星flairでした。

全国から来ている北斗星ファン&鉄男たちが大集合。もう、アイドルなみですよ。

040

私たちは、乗り込むやいなや食堂車へダッシュ。数少ないシャワーチケットを買うために並びます。すでに、長蛇の列・・・・・。

035

お子様から大人までしっかり並んでいます。みんな、あちい。熱すぎるよ、北斗星への情熱がっ。

列車の外ではカメラ小僧たちが、相変わらずものすごいフラッシュで車体撮影しています。

私たちはシャワーカード(予約は朝しか残ってなかった)

038

ここでしか買えない北斗星シャワーセットを無事に手に入れることができましたlovely。タオルに北斗星って入ってるのよ~。

036

シャワーカードを買ったところで、電車は出発しました。ホームの鉄男さんたちやお子さんがみんな手を振っています。行ってきま~すpaper


★車内探検の後は、グランシャリオでディナー

さて、のんびりしている暇はありません。
急いで自分たちの部屋に行き、荷物を置きます。B寝台のデュエット(個室二人用)です。

043

JR浴衣が渋い。可愛い。

042

次は車内を駆け足で探検です。みんな同じことを考えているため、たくさんの人とすれ違ったり、数珠つなぎのような列で、みんなが探検中(笑)。

でも、ほら、こんな綺麗な廊下だし、

041

ちなみに、開放型の寝台はこんな感じです。

045

うろちょろしている間に、もうご飯の時間!!急げ、食堂車グランシャリオへ。

060

なんと、一番のり~。

046

047

私たちは、今回 北斗星で和食にいたしました。

mist北斗星懐石御膳です~。すごく美味しかったです。お吸い物もついています。

050

049

ワインも頼みました。
048

寝台特急北斗星オリジナルラベルの赤 北海道産ツヴァイゲルト・レーベ

052

051

053

過ぎ去りし車窓の夜景を見ながらの食事は最高でした。レトロでクラシカルなグランシャリオ、素敵です。

ワインもゆっくり飲めたし、幸せいっぱいheart04北海道の名酒、男山もいただきました。

057

ふ~お腹が一杯になったところで、お部屋に帰りひとまず休憩。そして、大行列ができている車内販売に行き、お土産を物色。車内販売も売り切れ続出でした。

064

065

↑これ、買っちゃいました。昔は、この赤い車体の北斗星もあったそうです(厳密には北斗星を引っ張っていた方らしい)。お土産も買って、再度車内探検。

今度は、くつろぎスペース「半室ロビー」に行きました。


054


アイスが美味しそうでしたので、ここでのんびりソファーに座り、車内販売のまちむら農場アイスを食べました。

055

056


062

北海道とは言えば、サッポロクラシック。雪景色を見ながら、乾杯~。めいいっぱい楽しんで、この日はお部屋に帰り、寝ることにしました。

063

では、おやすなさい。

次回は、翌朝の北斗星をリポート!









| | コメント (0) | トラックバック (1)