映画・テレビ

2017年10月10日 (火)

もうすぐニャー

上映を心待ちにしていた映画がもうすぐ上映されます。


絶対観に行くニャー


劇場版 世界ネコ歩き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

愛と哀しみのボレロ

愛と哀しみのボレロを観てきました。今なら早稲田松竹で放映しています。

噂通り、天才バレエダンサーのジョルジュ・ドンの踊りが印象的でした。

サラ役のチャップリンの娘さんや、赤ちゃんを線路に置かなければならなかったお母さん役のニコール・ガルシアが良かったな。

あとタチアナ役の子も好き。

メッセージ性が強い映画ですね。

戦争前の幸せな時間と、戦争中、戦後の苦悩、最後は赤十字で終わるというね。

ふむ。面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画観ることにした

ランチ食べて、プリン食べて、お腹いっぱいになり、



仕事をどうしてもやる気になれず、


映画館に来ていますw。


映画観たら、やろっかなあ〜〜 ←本当か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 8日 (木)

映画 君の名は

池袋の映画館に行ったら、その日の「君の名は」チケットはすでに完売。

うぬぬ。三回先の時間までソールドアウト。まじで!人気ありすぎっ。

だが、

トマ子は諦めない!

調べたら六本木の映画館では、最終時間にまだ空席が。

行きましたよ、観ましたよ〜。


見応え、ストーリー展開、アニメを超えた風景描写に、満席の観客は一丸となって、みんなで主人公を応援する気持ちになりました。

いや〜、素晴らしい映画でした。

これは絶対観た方がいいです。

心の底にある美しくキラキラしたものが、引っ張り出された気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 7日 (金)

ホビット 竜に奪われた王国 みたよ~

おはようございます。

ねむい。

昨夜は遅くまで映画に行っていたので、寝不足。家に帰ったのが11時30分。

ホビット、第二作(竜に奪われた王国)観ました~!

去年のお正月に第一部(思いがけない冒険)を観ていたので、楽しみにしていました。

超大作ですけど、長さを感じずにあっという間に終わってしまったtyphoon

面白かったです。

エルフの無敵さもすごいし、ホビットもさらに勇気と知恵をつけて、大活躍。

しかし、あんなに強欲になれるもんかね。あんなに財宝持っていても、仕方ないべ。と、一般人の私なんか思っちゃう(竜がいる場所に宝石、金貨がザックザク、アーケン石まであるんだよ)。

それに、西洋の映画っていつも同じパターン。

闇と光はそれぞれ悪と善。そして、魔法使いと竜にトロールたち醜いもの。同じようなイメージの登場人物。ハリーポッターもホビットも。

それでも面白いと思えるから、巨額な製作費を使ってもみんなが観て、元がとれちゃうのでしょう。

じゃね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月21日 (木)

ぜひ観て!ドキュメンタリー映画「ビル・カニンガム&ニューヨーク」

飯田橋のギンレイホールで上映中の映画

「ビル・カニンガム&ニューヨーク」

上映期間は

11/9(土)~11/22(金)

と、明日まで。

ファッション業界、編集業界に興味がある人だけなく、写真家ビルの生き方と仕事に対する姿勢、彼を取り巻くニューヨークの厳しく時に温かい人々を描いています。

彼の仕事への情熱がすごい。プロとは、こういう人をいうのだろうな と思います。ぜひ、観てね!!

「ビル・カニンガム&ニューヨーク」

上映時間:10:00/1:25/4:50/8:10~9:39 (終映) (84分)

飯田橋ギンレイホール ホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木)

テルマエ ロマエみたよ~ん

いや~、今話題No.1映画、テルマエ ロマエ みました~heart04

テルマエロマエとは、ローマの浴場 って意味なのです。

現代の日本と、古代ローマを往復するという突拍子もないストーリー。主人公の阿部寛さんは古代ローマの浴場設計技師という役です。

深く考えずに、頭をらく~にしてゲラゲラ、クスクス笑ってください。そういう映画です。噂では、原作の漫画のほうはギャグではないとか。歴史漫画とか。

トマ子的には、タイムスリップするときの水の流れのシーンが、ツボでした。

5人くらいが流されていく様子なんて、爆笑。

上戸彩さんのお色気heartも楽しめます。濃い顔キャストもさすが。

ではでは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月30日 (水)

ありえない日常が面白かった映画「レンタネコ」

たまには、映画の話を。

昨日は仕事を家でもしようと何日も前から決めていたのに、グズグズする空模様のせいか「なまけ菌」がウヨウヨとトマ子の中で発生。

あー仕事、これ以上したくね~。

で、一転。

家での仕事→外でビールbeer飲んで映画観ちゃおう んふっheart04

になりました。

まったく最初の予定と違いますね、はい。

仕事場を定時に早々と退出し(17時1分には出ました)、向かうは

新宿のBERG

久しぶりだな~。

一人でビールを飲むのもまたよし。今日の予算は1000円に決め(BERGでの)、頭の中で計算。

トマ子は、ハーフ&ハーフレバーハーブパテ、みねやのサンドイッチ(タイムサービスで200円になってたhappy02)で、だいたい1000円くらいでした。隣の席のお姉さんが食べていたのも美味しそうで、見つめちゃったよ。

BERGは卵とパンと肉、そしてビールにこだわっている日本風のパブ。

お客さんはいつもいっぱい。そして、みんなで席をチャッチャッとつめたり、食べたらすぐ出たりして、気持ちいい空間ですね。禁煙席もあるし好きです。のんびり飲むのもあり。

つまみをもう一品くらい、ビールももう一杯飲みたい・・・・くらいがちょうどいいかな。

さ、映画へ行きましょう。

ずっと観たかった「レンタネコ」へ。猫好きにはたまりませんな。犬好きのトマ子でも猫ほしい~と思った。

歌丸師匠(猫)の関取みたいな顔が最高です。市川実日子さんは、手足が長くて、絵になりますね。

ありそうでない日常と、のんびりした空気と、オーバーにしない感情表現の映画です。けだるい感じがいいね。これは、やっぱりビール一杯ぐらい軽く引っ掛けてから観る映画ですよ(笑)

小林克也さんのおばさん姿、似合っている・・・・・!あの映画の中で歌っている歌、なんの歌だろうか・・・・。花は赤いわ~空は青いわ~note

欠かさず観ている荻上直子さんの映画。映画は思い立ったらすぐ観に行くため、昔のように友達と行くことは少なくなりました。

もうすぐ公開が終わりそうだけど「ももへの手紙」も絶対みるぞー。それと、そろそろサラ・ジェシカパーカーの映画も公開ですね(SATCではなく)。楽しみだなぁ。

トマ子、結構ミーハーですから、SATCはもちろんだいぶ前にすべて見てますし、映画も観ました。女の子は、ああいう映画も好きだよねっ。

では、またね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

「ステキな金縛り」はお茶の間感覚 笑いで今年を締めくくろう

に混じって雪snowが降っていますね。寒いのが嫌いな私は、通勤時間の寒さが身にこたえます。

友達にもらった「たんぽぽコーヒー」と佐野みその「さらしみそ飴」食べて、休憩中。さらしみそ飴は、程よい甘さ。トマ子の好物。

昨日のブログで映画を観ると書いたように、行って参りましたよ、

ステキな金縛り」へ。

三谷さんの映画は、ほとんど観るようにしています。だって面白いし、ベタな笑い catfaceがお茶の間的でリラックスできるのですもの。

仕事で疲れた頭と体をリフレッシュさせてくれます。笑いhappy01って大切

(と、ここでブログ書きながら、さらし飴二個目。美味しいな)

映画のキャストは大変豪華です。

ちょい役で、佐藤浩一さんとか深田恭子さんらが出演している。さすがにみんな大物の存在感があるので、ちょっと出でも印象深いです。

中でも阿部寛さんの役がトマ子はお気に入り。深津さんはいつもながらの安定感ある演技力です。いつもこういうコミカルな役が多いなぁ。

演技といえば、西田さんの落ち武者役は、やはり抜群shine

間のとり方や焦る様子などは、演技かリアルか全然わかりません。

落ち武者の里「しかばね荘」歯ぎしりの間 にいた被告のアリバイを立証できるのは、西田さん演じる落ち武者だけ。

奇想天外なSTORYで、今年最後の「笑い」をどうぞお楽しみください。

公式ホームページ↓

        ステキな金縛り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月28日 (月)

「東京オアシス」 そして「新少林寺」

映画を2本観たので、ご報告。

まずは「東京オアシス」。

前回の「マザーウォーター」に続き、この作品も監督は松本佳奈、脚本は白木朋子です。それと、中村佳代(作品の中で一部を監督)。

「東京オアシス」の雰囲気は、前回の「マザーウォーター」に似ているなあ。何か始まりそうで、始まらない・・・・・・・でも、ちょっと前とは何かが違う・・・・・・という、出会い が描かれています。

逃げ出したくなったり、新しいことに挑戦したくなったりするけれど、そう、思うようにはいかない「日常のちょっとしたせつなさ」が描かれている作品です。

小林聡美さんの表情がほんわかしてないのは、作品のせいか。私生活のせいか。女優さんだから、作品のせいだろうなぁ。

動物園でのやりとりでは、表情がやわらかい。大貫さんの歌も透明感があっていい。

それから、「新少林寺」ね。

切れのあるカンフー、ユーモラスさを失わないジャッキー・チェンの役どころ。

ただのカンフー映画ではなくて、ドラマもあります。あの馬の転ばせ方、あの迫力は、もう中国の映画でしか創り出せないかもしれない。

CGではなく、つり糸(笑)と、本番の迫力があります

では、また。

「東京オアシス」

「新少林寺」

| | コメント (0) | トラックバック (0)