ニュース

2018年6月10日 (日)

「おばちゃん街道」山口恵以子 読みました〜


山口恵以子さんのことが松本清張賞を受賞された時から気になっていました。

最近になり「月下上海」「食堂のおばちゃん」そして今回借りたエッセイ「おばちゃん街道」を立て続けに読みました。読んで良かったな〜。本っていうのは必要な時にいつも向こうからやってきてくれるものだと私は思います。今回の山口さんの本もしかり。


エッセイ「おばちゃん街道」には山口さんが試行錯誤しながらも「書く」という一本の太い道から逸れずに、しかし食堂の仕事も手抜きをせずに力一杯、また誇りを持って取り組んできたことが書かれています。

お母様の介護、食堂の人間関係、更年期鬱など山口さんにも様々な生きて行く上での辛いことが降りかかりますが、逃げないでどれも受け止めつつ一生懸命、また時に冷静&賢く対処されています。しかし、本当に大変だったことが行間から伝わります。


エッセイの 第四章 崖っぷち人生 は、人生のヒントになることが凝縮されて書かれています。それは高所からみた視点ではなくて、実際に山口さんの生き様から証明された根拠ある為になる助言です。

文中の言葉を引用するならば、

「やれば出来るなんて大嘘。(中略)それでもやらないといけないことが世の中にはあるのです」

「努力の九割は無駄になります。でも、努力しないことには一歩も先へ行けません」

これらの言葉は、そうやって生きてきた山口さんだから説得力がものすごくあるんです。エッセイ読んでみてくださいませ。

私は誤解していました。
「おばちゃん」のイメージって

気さくだけれども図々しさもある、たくましき中高年

でした。だけど、おばちゃんになるまでに若い時には経験しなかった大変なことがいくつかあるのが普通だと考えると、尊敬すべき人生の先輩が「おばちゃん」なんですよ。

私もまた年齢的には充分なおばちゃんです。ですが、山口さんほど芯も中身もあるおばちゃんではないことを少し恥ずかしく感じました。

そう思わせてくれたこのエッセイに感謝し、ますます山口さんのカッコ良さを実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

高知県民に愛されている 田舎寿司



本日アップされた私の連載記事、防災情報新聞

〈 復興わがまち ご当地ごはん! 〉 【 第28回 】 高知県「田舎寿司」

では、南海トラフ地震の中でも、四国、土佐藩領で被害が大きかった過去の地震をご紹介しています。

そしてご当地ごはんは、高知県民が大好きな田舎寿司。

可愛くて美味しくて、行楽お弁当にももってこいのヘルシー料理です。柚子を使うのがポイント!よかったらご覧ください。

防災情報新聞 復興わがまち ご当地ごはん 第28回高知県 田舎寿司

防災情報新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

鰹のたたき(復興わがまち ご当地ごはん)


おはようございます。
本日アップされた連載記事

防災情報新聞 復興わがまち ご当地ごはんでは、高知県を取りあげました。

また、東海、東南海、南海地震について、なぜそれほど危機感があるのかを記事にしました。来月は南海地震を中心に見ていきたいと思います。

そして、高知といえば鰹のたたき!

私の大好物ですが、鰹の知られざる現状などにも触れつつ鰹のたたきについてご紹介してます。


よろしければご一読ください。

防災情報新聞


大塚 環

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月13日 (火)

落し物をした時は

先日、カバンからはみ出るほどの量を持って移動していたら、ゴソゴソ下の方から物を取り出すとき(たぶん)に、なんと現金5000円が入った封筒をどこかで落としたトマ子。

現金落とすの初めてだし、カバンがいっぱいすぎたのにチャックがないタイプだったのも反省したし、いったいどこで落としたかも分からない。

でも現金だから、絶対無理だなあと諦めつつ、一応当日に各方面にお問い合わせをしました。

まずイベントを行った会場、お茶したスターバックス、打ち上げ会場に電話。

どこもなし。

会場で落とした可能性が高いと思っていたので、これにはがっかり。

もう、完全にダメだな〜〜って気分。

次に、一応使用した交通機関、東京メトロへ問い合わせ。

東京メトロホームページから落し物の問い合わせをしたところ、すぐにメールにてお返事がありました。しかもものすごく丁寧。


私の場合、今回は現金なので普通は落とし主不明になるところ、たまたま入れていた封筒表にいろいろ書いてあったんです。


汚い字で、か〜な〜り恥ずかしいけど、落し物をメールで問い合わせるときに、この走り書きについても書いておいたから、個人が特定できたというラッキーさ。省略した名前も書いておいたのだ。

で、東京メトロ お忘れ物総合取扱所に届いていました。ここは有楽町線からは改札口を出なくてもいけたし、改札外からも行けます。

77ec0424db78405490ef5b0aa59b746c



神さま、拾ってくださった方
ありがとうございますっ!!!

東京メトロでは、

①拾得物があった日はそれぞれの駅

②翌日からは南北線飯田橋構内にあるお忘れ物総合取扱所(夜間のものは、翌々日になる場合があります)に3~4日保管。

③それ以降は警視庁遺失物センターに移送され、移送後のお忘れ物は、3か月間保管。


となります。


私は拾ってくださった方が権利を主張しているので5〜20%の謝礼をしないといけません。でも拾ってくださり、ありがたいから当然ですっ!黙って持っていくこともできたのに。

皆さんも落し物をした時、東京メトロを使っていたら、問い合わせてみてください。

マフラーやお弁当が入った袋、傘なんかを受け取る人がいました。

Af0238ad359b4afb9d1cae79870d51d5



また東京メトロは、お忘れ物総合取扱所に行くまでに乗ったメトロの駅分はメトロ側が負担してくれました(定期があったり、都営やJR分は出ません)。写真がいただいた切符代わりのものです。私の場合は池袋〜飯田橋間が無料でした。親切ですね。

皆さんの落し物が見つかりますように。

トマ子も気をつけます。


東京メトロホームページ お忘れ物をしたときは


東京メトロ お忘れ物総合取扱所

電話 03-5227-5741
営業時間 9時~20時(年中無休)
場所 東京メトロ南北線飯田橋駅構内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 7日 (水)

復興わがまち ご当地ごはん! 【 第25回 】群馬県「こんにゃくの煮物」

おはようございます。

今日アップされた「防災情報新聞 復興わがまち ご当地ごはん! 【 第25回 】群馬県 こんにゃくの煮物」は、群馬県の災害と特産物こんにゃくを使った料理を取りあげました。

1月に噴火した草津白根山について書いています。

新燃岳も爆発的に噴火し、各地で気になる火山活動が発生しています。

火山の備えてについて内閣府が配信している無料動画のご紹介もしていますので、ぜひ一度見ていただきたいと思います。7分半の映像に覚えておきたい知識がギッシリ詰まっています。

防災情報新聞 トップページ


復興わがまち ご当地ごはん! 【 第25回 】群馬県「こんにゃくの煮物」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

復興わがまち ご当地ごはん 北海道 イカめし

今日アップされた私の連載記事

「復興わがまち ご当地ごはん」は、北海道の自然災害2回目です。


今回は 火山災害 と郷土料理 イカめし についての記事を書きました。

イカめしも初めて作ってみましたー。撮影はくにろくさんが担当しています。

復興わがまち ご当地ごはん 第24回 北海道 イカめし

イカめしは、美味しくて、びっくり。お弁当にも持っていきましたよ〜〜。
レシピも北海道ぎょれんさんにリンクして、掲載させていただきました。


草津白根山の噴火が起こりましたが、日本全国で活火山はたくさんあります。

北海道庁のホームページには、火山災害への対処法や前兆現象など役立つ知識がたくさん書いてありました!

ご一読下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

自家製さつま揚げはサクサク

おはようございます。

7日にアップされた私、大塚環の連載記事「復興わがまち ご当地ご飯!」は、鹿児島の災害と郷土料理「さつま揚げ」がテーマです。

復興わがまち ご当地ご飯! 鹿児島県(さつま揚げ)

鹿児島の過去の災害や、さつま揚げの歴史、自家製さつま揚げのレシピも掲載しています。

良かったらご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

きりたんぽ鍋

今日アップされた私の連載記事、防災情報新聞 「復興わが街ご当地ごはん 」は、秋田県のきりたんぽ鍋です。

きりたんぽ鍋だけでなく、秋田の過去の地震災害や切迫性ある地震についても書いています。

地震列島とも呼ばれる日本です。未知の活断層もあるといわれ、「自分の地域には地震がない」とは言い切れません。

良かったらご覧ください。

防災情報新聞 復興わが街 ご当地ごはん 秋田県 きりたんぽ鍋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

今月の「ご当地ごはん」は稲庭うどん(防災情報新聞)


本日アップされた防災情報新聞「復興わがまち ご当地ごはん」byトマ子こと大塚環の連載記事は


第19回秋田県 稲庭うどんです。

今年の夏には豪雨災害が起こり、大曲の花火開催が危ぶまれましたが、地元商店街や自治体の努力で無事に開催になりました。

良かったです。

今夏の災害の詳細と、雄物川の歴史、そして秋田県の郷土料理の稲庭うどんについて、書いてますー。

復興わがまちご当地ごはん 第19回秋田県 稲庭うどん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月13日 (水)

ハクビシンの子ども

昨夜、月を見ながら屋上でジュージューと焼き餃子をしていたところ、いきなりホロニガ君が

「トマちゃん、見て!」

私の後ろに注目。

うちから見える電線を、小さめなハクビシンがヒョイヒョイと歩いていたそうな。私が見たときには、すでに見えなかった(私、目が悪いし)。

今まで3度ぐらいハクビシンに遭遇しているホロニガ君いわく、

「あの大きさは、たぶんハクビシンの子どもだね」


まるで、ハクビシン博士のように、したり顏(笑)。

私は以前、夕方に野ネズミが電線で移動しているのを見てびっくりしたことがある。どぶネズミやハツカネズミではなく、野ネズミだよ!

いろんな生物が都心にはいるんだなあ。六義園や小石川植物園があるもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)