« 桜と落書き | トップページ | ホットレモンティーこぼす 涙 »

2017年4月10日 (月)

日本料理 晴山 

1286_2

蓋をとると、タケノコや山椒がいっぱい。ふわりと春の香りが漂いました。

3月に親の誕生日にと日本料理の晴山へ行ってきました。

初めての訪問ですが、前から行ってみたいと思っていたお店です。お店のスタッフの方がニコニコしていて、若くてフレッシュでいい気が流れていました。

まずはウニを乗せた最初の一品。

1276

そして、ビールを。

1275

椀ものは山菜と貝でした。山椒の香りよく、春らしい。

1277

かつお。

1278

飲み物を変えてと。

1279

イカの下には、ぬたが。

1282

白身の上にからすみ。そして空豆。
シンプルですがとてもおいしいです。

1281

うどに牛肉を巻いていました。新しい!なんだか面白いなぁ。

1283

天婦羅もかじると山の香り。ああ、春を思う存分楽しめます。楽しい組合せだなぁ。

1284

これは、なんだったっけ。

1285

どの料理にも季節が反映されていました。冒頭のご飯です。おかわりしました~。

1287_2

最後にデザート。

1291

 

超高級食材を使うというよりも、新鮮で旬の食材を活かしてシンプルに仕上げる。それが晴山の料理なのではと思いました。

とても気持ちのよい、美味しいお店です。

また行きたいな。

























|

« 桜と落書き | トップページ | ホットレモンティーこぼす 涙 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1040462/70194205

この記事へのトラックバック一覧です: 日本料理 晴山 :

« 桜と落書き | トップページ | ホットレモンティーこぼす 涙 »