« うまくのんびりできない | トップページ | 草むら猫の季節 »

2016年6月13日 (月)

銘酒居酒屋 頑固おやじ

381

「おぬしも悪じゃのぉぉ」って声が聞こえてきそうw。加茂福酒造さんのお酒です。わるのだいかんと読みます。


先日、前の会社の同僚たちとの美味しいもの会で、新宿の

銘酒居酒屋 頑固おやじ
 

に行ってきました。

幹事を持ち回りにしているため、それぞれがセレクトしたうまい店に行けるのが、毎回とっても楽しみです。

そして、メンバーも

以前の同僚+ 家族、親せき、友達、恋人、同僚、上司 

と誰を連れてきてもいいことになっているので、そこもまた人脈(というか、単なる飲み友達だけど)の広がりを感じることができる、自由な雰囲気なのです。

うまい酒とうまい料理、そして楽しく飲む。時には愚痴もあり、涙も?あり。もちろん笑いは大有りです。

それがこの会のいいところ。

今回はKさんセレクトの新宿にある銘酒居酒屋 頑固おやじ。行ったことがないトマ子は、ウキウキとお店に向かいました。なんと、一番のり!

お酒は日本全国の銘酒が取り揃えてあり、今回は「うちの親の地元のお酒を頼んでみます」などと、盛り上がりました。

たとえば、射美もそうでした。

369

岐阜県は揖斐郡大野町の杉原酒造のお酒です。名前の射美は、地名の揖斐からとったのと美酒を射るという意味もあるそうです。明治25年創業で、親子二人だけで営む、日本一小さな蔵。年産20石のみ。

見つけたら飲んでみてください。香りがよくて驚きます。

この日はみんなでいっぱい食べました。お通しからご紹介。ホタルイカがわさび漬けとあえてありました。くぅー、最初から日本酒泣かせのお通しだよ。

371

お刺身。

375

アスパラのお浸し。

372

からすみのクリームチーズ。トマ子はクリームチーズもからすみも、どちらも大好きなので、ダブルでうれしい。

366

私はハイボールも飲みました。グラスに氷が当たって、チリリンと涼しい音。

370

炙り鯖とホタテの燻製。

376

蓮根はさみ揚げ。これって家で作ると七面倒なのよねぇ。大好きなんだけど、家でまず作らない。今回の蓮根はさみ揚げは美味しかった。

364

大阪泉州 水なす。

382

頑固メンチカツ。サクッといいねぇ。

379

冒頭の写真、悪乃代官(わるのだいかん)も面白いネーミングでしたが、この「死神」も強烈なインパクト。

早速飲んでみます~。どちらも島根の加茂福酒造のお酒でした。面白い蔵だなぁ~。

死ぬほどうまいということか?

377

色はかなり濃い目。不思議~。強烈なインパクトというわけではない。でも、なんだか後引くうまさ。

378

ハタハタ南蛮漬け。秋田はうちのおばあちゃん家でもあります。ハタハタ、なつかし~。

385

エイヒレの唐揚げ。うーん、エイヒレを唐揚げにするなんて、オツ。レモン、キュッとしぼります。

384

鶏肉としめじの和風炒め。青菜がたっぷりで嬉しかった。

367

お酒くださ~い。ど・辛でいきましょ。トマ子は、辛口が好きっ。

383

とり皮ポン酢みょうが和え。

368

いぶりがっこのスモークチーズ乗せ。

373

〆に焼き鯖棒寿司いきましょか。

365

そして、クライマックスは、

バニラアイスパフェ 十四代リキュール掛け!!

388

最後まで日本酒を忘れない心意気、立派です。

おいしかったぁぁぁ。

一人8000円弱でした(5人で)。

いやー、いい日でした。うまかった。

Kさん、ナイスセレクトありがとう(←おやじっぽい言い回し)。


さてさて、次が楽しみだす。

では、また。

銘酒居酒屋 頑固おやじ












































































|

« うまくのんびりできない | トップページ | 草むら猫の季節 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1040462/65977424

この記事へのトラックバック一覧です: 銘酒居酒屋 頑固おやじ:

« うまくのんびりできない | トップページ | 草むら猫の季節 »