« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月25日 (金)

ガスライトで琥珀の一杯をどうぞ

625
マンハッタン。完成されたカクテルは美しいのです

荒木町は個性的なお店がひしめき合う場所。
なかなか行けない(行かない)ので、行った時にはハシゴをすることもあります。

もっとお店訪問をして極めたいと思わせる、ちょっぴりディープで秘密めいた雰囲気があるんですよねぇ。

この日も二軒目。

老舗のレストラン&バー ガスライトへ行きました。

タイトルは、このお店の看板からちょいと拝借です(笑)。

623

ここは、照明が暗すぎず明るすぎず、接客もきちんとして気持がいいお店です。

624

真新しい鋭さはないけれど、角がとれた落ち着きがあってカウンターに座るとホッとするんだなぁ。

627

旬の果実を使ったカクテルも甘すぎずに大人の味。日向夏のカクテル。

628

最初に出されたのは、ポテトサラダとサラミ、うずらの燻製など。

626

同行した人は、2008年に訪問して以来でしたのに、お店の人は覚えていましたよ~!
しかも店長になっていました。昇進している!!すご~い。

店長いわく「ここはフードのメニューが充実している」とのこと。

おすすめはと聞くと「牛肉の赤ワイン煮込み フィットチーネ添え」。その昔、S田くんの名前がついたメニューでしたが、改良に改良を加え、現在のこの料理になったそうです。

629

ん~これは、これはものすごくうまいぞ!


ちなみにS田くんは、いまや店長です。

お料理が好きで、日夜研究を怠らないそうです。

カウンター後ろのお酒の列に、ひときわ目立つ「養命酒」を発見!

聞くと、養命酒を入れるカクテルって結構あるそうですよ。

へぇぇぇぇ。

630

それにしても、あんな目立つところに置いておくあたりが、老舗の貫禄&おおらかさ。
気取らない、しかし本格的なバーに久しぶりに出会うことができました。

琥珀の一杯、また飲みたいなぁ。



































| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月24日 (木)

デトックスになる黒豆と小豆のお粥 

621
うちで漬けた梅干しをポトッと置いて食べる、黒豆と小豆のお粥

桜がやっと咲き始めました。

620

この木、春になると満開の桜を見せてくれるんです。楽しみだなあ。
ところで、春は寒の戻りもあって寒くなったり暖かくなったり。

鼻風邪をひきやすい季節でもあります。

少し調子が悪いなと思ったら、母が炊いてくれた黒豆と小豆のお粥を食べます。中国では有名なデトックスのお粥だそうで、毎日白米のかわりに食べるとお肌が艶々になるそうです。

母は知り合いの中国の方にレシピを聞いて、つくっています。たくさん黒豆と小豆を使います。炊きあがるとトロリとおいしい。私は食べる役(笑)。

豆が食べ応えあるお粥なのです。

自分では、鍋や煮物を作った時に残った汁を使い、簡単なお雑炊をよくつくります。お出汁に野菜とお肉やお魚の旨味が加わって、とても美味しい。チーズをかけてリゾット風。

622

温かいものを食べると、気持ちも身体もふっと楽になります。

優しい味のお雑炊やお粥は、女性が好きなお料理かもしれませんね。































| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月23日 (水)

色鮮やかな野菜のテリーヌ

615  
野菜のテリーヌは色がきれいでした。

金曜日の9時頃に、ご飯を食べようと神谷町らへんをウロウロ。

急で予約をしていなかったので、目星をつけたお店に飛び込みでいくと「満席です。30分ほどおまちいただければ」といわれる始末。

いやいや、9時40分からご飯って、ちょっと遅すぎでしょ。

ということで、便利なファミレスへ行くことにしました。

久しぶりなロイヤルホスト~。トマ子、ロイホはほとんど行ったことがありません。

メニューをしげしげと見る3人。

3人ともあれやこれやと、なかなか決まらない(笑)。みんなブツブツ言いながらメニューめくりまくり。

逡巡して、やっと決まったメニューっていうのが最初に言っていた料理だっていう、お決まりのパターンでした。みんなが選んだのは、

野菜のテリーヌとか、

614

オニオングラタンスープとか。オニグラはセットの小さめサイズ。
(関係ありませんが、オニグラと打ったら鬼蔵と変換w)

617

ジャンボマッシュルームのサラダは、きのこの大きさに一同びっくり。

616

「でかっ!!」

パスタの人もいれば、ステーキの人もいるっと。

619

618

リースリングワインも飲んで、ロイホでのんびりしました~(笑)。

神谷町のロイヤルホストは、夜遅いと空いてます。おすすめです~。






































| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月22日 (火)

縁結びといえば東京大神宮

先週に引き続き、神社ネタです。

601

うちの割と近くに、東京で一番といわれる縁結びheart04の神社があります。
その名も東京大神宮

602

ここは、伊勢神宮の遥拝殿(遠くから拝むための建物)として、明治13年に建てられた神社です。伊勢神宮に行きたくても行けない人のための、ミニ伊勢神宮のような場所。

もともとは日比谷にあり、「日比谷大神宮」と呼ばれていましたが、関東大震災後、昭和3年に飯田橋に移りました。

明治33年に、後の大正天皇となる皇太子と九条節子姫のご婚礼が皇居内の神前で行われたのですが、これは宮中の歴史でも初の「神前結婚式」だったそうです。

この御慶事を記念して、一般向けにも神前結婚式を始めたのが東京大神宮です。
それまでは家庭で式を挙げるのが一般的でした。

ふ~む。

神前結婚式って、古くからあると思っていたトマ子は驚きました。結構、新しい結婚式のかたちだったのね~。

さて、この日、トマ子は用事があって近くまで来たので、東京大神宮にお参りに行くことにしました。

最初は曇っていたから、鳥居も暗めに写ってます。ですが、実際は、とても良い気がめぐっている神社です。

600

私が朝9時に鳥居をくぐった時には人は少なかったけど、その数分後から、わーっと若い女の子たちが参拝に訪れて、にぎやかな境内になりました。

晴れてきて、境内も明るくなってきたぞ。

603

604

なんと、「ご自由にどうぞ」と温かいお茶と赤福のサービスが!!嬉しいっ。イケメンな神主さん見習い?が配っていたのもちょっとラッキーshine

606

もちろん、無料とはいえタダではいただきません。

100円をちょこんと乗せて。

ストーブのそばで、ほっこり赤福タイム。おいしいねえ。赤福。

13

608

ああ~、行ってよかったなぁ。

気持ち良い朝のひとときを過ごすことができました。

神様に感謝!

おまけは巫女さんショット。

609

おまけのおまけ:ピンボケアイフォン写真の原因が、家に帰ってから判明。ホロニガくんに「メカ弱すぎ」と冷笑されました。カッチーンannoy だが、事実だったりして。では、またね〜




























| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月20日 (日)

カシオペアがっ

今日はカシオペアの最終列車が出る日。


札幌からの上り列車に乗ることが出来た人はしあわせですね。
と、マクドナルドでコーヒーを飲み仕事しながら、カシオペア最終運行に気付いた私。

Yahooニュースで思い出すあたりが、ダメダメな鉄子です。

まだ比較的新しく(北斗星に比べれば)、快適なカシオペアが北海道新幹線のために排除されるなんて、悲しいですよ、ほんとにっ。窓が大きくて、流れる景色を楽しむ小さなホテルのような列車でした。

旅情を感じられる列車がまた一つなくなりましたね。

旅は時間を楽しむものなのに。


復活すんのかな〜。ひとまず、定期運行は終了なんだろな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月18日 (金)

キャナルカフェでピザランチ

595
お腹がはちきれそうになった、ピザ ロマーナです

午前中恵方参りへ二か所の神社へ行き、お腹がペコペコになったトマ子は友達と3人で飯田橋のキャナルカフェへ行きました~。

久しぶりにきたぞ、CANAL CAFE。

598

桜の時期にはとっても混んでいるのですが、今はそうでもない・・・・・かと思いきや、11時30分開店なのに、すでに30分も前からもう行列です。

どうやらランチがお得だからみたい。

私たちは、一人がパスタランチ、二人がピザランチにしました。

コチラが友達が頼んだピザ。

596

パスタは写真撮り忘れ。


どちらにもサラダビッフェがついているし、食後のコーヒーor紅茶がついています。
90分制。

ピザがものすごく大きい~。

これは、食べきれない。

サラダも食べ放題だし、周りは女の子だらけ。アッという間に席が埋まり、寒いのにお外の席で食べる方もチラホラ。

ちなみに、ピザランチは2200円でした(具によって値段が違う)。

ごちそうさま~。



























| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月17日 (木)

ユザワヤでお買い物~

習い事関係で、飾りに使う布を買いにユザワヤへ行きました。

普段はお裁縫をしない私でも、あの大量の布を見ると創作意欲がむくむくと湧いて、何かつくりたくなっちゃうのよねぇ。

590

ユザワヤは、無限の可能性を秘めている場所。

ウェディングドレスから上履き入れまで、なんでも作ることができちゃうんですもの。
布とミシン、針と糸があれば。

それって、すごいことです。

現に、私のウェディングドレスは、手作りでした。

その昔、ウェディングドレスの本をユザワヤで買い、シルクは布の問屋街に買い出しに行きました。最高級のシルクを買っても、既製品のウェディングドレスを買うより安いのです(手間賃ははぶくとして)。

私は、叔母がお裁縫のプロでしたので、ウェディングドレスを作ってもらうことができたのですが、たっぷりシルクのドレスは実に贅沢で、叔母に本当に感謝したものです。

と、そんなことを思い出しながら、ユザワヤで布の裁断のために並んだトマ子。

列の前に並ぶ親子連れは、今年入学する子の上履き入れや手提げ袋などを作るようです。お母さんとお父さんが一生懸命布を選び、何本も布を抱えて裁断待ちをしていました。

こんな手作り上手な両親に育てられた子たちは、幸せですね。

591

簡単手作り入学セットもあり、お裁縫が苦手な人でも作ることができる袋や上履き入れも並んでいました。

うーん、楽しかった。

また、ユザワヤに行こうっと。











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月16日 (水)

今年の恵方は南南東

毎年変わる「恵方(えほう)」。

恵方は吉方とも呼ばれ、その年の福徳をつかさどる神様がいる方向のことです。

その方向へ行くと幸運がもたらされるとされており、かつては、初詣をする際には自宅から恵方の方角にある神社へ行っていたそうです。

今年の恵方は南南東です。詳細は、Wikipediaで読んでみてね。

皆さんの自宅から南南東にある神社(お稲荷さんや、ご先祖のお墓がある場所はダメ)にお参りに行くといいというので、早速トマ子も調べてみました。

そして、先日行ってきました~。有名なこの階段をのぼって。
本殿では、この日結婚式が執り行われていて、写真を撮ることができませんでした。

593

恵方詣りには、午前中を選んでくださいね。
お参りする際には、

チャンスを下さい

チャンスを見抜く智慧を下さい

チャンスに乗る勇気を下さい


と、唱えるといいそうです。そして、一か所(一つの神社)につき、お願いごとは一つまで。

場所は家から750m以上(できれば20キロ以上)離れた神社にしてください。


皆さんにもトマ子にも幸福が来ますように。





























| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月15日 (火)

やっぱり食べちゃうホープ軒

587

また行ってしまった~。

589

あれほど、深夜にラーメン食べるのはやめようねって言ってたのに。

ホロニガ君がどーしても食べたいっていうもんだから、お付き合いで行ってしまったのです(人のせいにするトマ子)。

この日は11時過ぎに行ったので、スープが煮詰まっていて美味しかった。

ホープ軒を味わうなら、ぜひ夜中に行ってください!(きっぱり)。ホロニガ君も夜更けてからのほうが美味しいと言ってます。

寒い日でしたので、スープをずずずっと飲んで、「濃くてうまいぞ~」と満足。

588

結局、私はお腹がすぐにいっぱいになり、1/3しか食べなかったでの、残りはホロニガ君が食べてくれました。

ホープ軒の前に、いっぱい飲んできたからね。

ああ、健康に悪いって分かってるんだけど、その禁断なところも食べたくなる原因なのかしら。

ごちそうさま~。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月14日 (月)

中華でおしゃべり三昧

よく行く街の中華屋さんで、夜ご飯を食べました。

この日は3人でしたので、各自定食ではなく、みんなでいろいろ食べてみることに。

中華の良さって、タップリ出て、みんなでつつけるところですよね。

豚肉をカリッとあげて、野菜とあえた炒め物。

584

カリカリとした豚肉と、甘酢ががぴったり。

美容に良い、きくらげが盛りだくさんの一皿。カラシが入って、辛い!お口がピリピリ。お酒に合う大人の味です。

585

名物の鉄鍋餃子。

日本の餃子とちがって端が閉じてません。

お腹が少しいっぱいになっても、食べられるあっさりした味でした。肉クレープみたいなイメージ。

586

ほかにも、1人前のチャーハンが3人分くらいあったり、とってもサービス精神豊富なお店でした。

よく食べて、よく笑う。この日も3人ともゲラゲラ笑って、楽しいご飯でした。
これが健康の秘訣かもなぁと、にぎやかな食卓を囲んで思いました。

中華はみんなで食べるのがいいね。





















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月13日 (日)

ぷりっつさんと西原さん

今日は朝からパタパタお出かけ。

用事が済んだら、カフェにて友だちとお腹いっぱいになるまでピザをたべて、帰宅してブログ書いて、松本ぷりっつさんのブログ見て涙がでるほど笑いました。


そしてタリーズに行き、西原さんのブログを読みながら、家計簿をつけ、ハチミツたっぷりのロイヤルミルクティーを飲んでます。

そんな、なんでもないけど、幸せな日曜日に感謝。


ホロニガ君は今日も大忙しで、大変そうです。

「貧乏だとお金のありがたさが分かって、いいね」


といったら、ホロニガ君に

「前向きだね〜」


と褒められましたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月11日 (金)

節分豆でチョコ掛け豆

節分用にお豆をいただきましたが、結局まかずに終わってしまいました。

そこで、この豆を使っておやつ作り。

大さじ一杯の砂糖、ココア、お水と、節分豆一袋で挑戦。

まず、ココアと砂糖と水を混ぜ混ぜして、フライパンで熱します。ぶくぶく泡が出て来たら、豆を投入。

絡めて絡めて、焦げないようにして完成!熱いうちにバットに入れて、荒熱がとれたら冷蔵庫へ。

固まったら出来上がり。

581_2

パラパラにしたい人は、ココアの粉を上からかけて、ばらすといいようです。

私は水分量を多め(大さじ2杯に)したためか、出来上がりもチョコがねっちょり。

手がベタベタになるけれど、バットからフォークでこそげて、つまんで塊を口に入れるとザクザクして美味しい。

コーヒーのよきお供となりました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月10日 (木)

カフェのおつまみ

トマママが遊びにきたときに、よく行くカフェがあります。

そこは、ワインやビールなどのお酒も置いてあり、ワインを片手におしゃべりするにはとってもくつろげるお店なのです。

何か、おつまみありますか?と聞くと、適当にみつくろって出してくれたりするのも嬉しい。

この日のおつまみは、これ。

578

白ワインと一緒にいただきました。

特に、このサラミ2種が美味しかった。母はピクルスを美味しそうに食べていました。

579

清潔感あふれる店内もいい。

580

フランス人のお客さんも来る、ちょっとオシャレなカフェなのでした。





































| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 7日 (月)

日本ワインと寒緋桜(かんひざくら)でお花見

一足早く、お花見をしてきました。

場所は銀座。

まだまだ寒いため、室内で、早い時期に咲く寒緋桜(かんひざくら)を眺めながら、美味しい日本ワインとお食事をいただく素敵な企画です。

561

サントリーさんからご招待をいただき、うかがったのは羅豚(らぶ)ギンザ・グラッセ店。こちらでは、ほどよく脂の乗ったしゃぶしゃぶをいただくことができます。

558

寒緋桜は濃いピンク色をしていて、ふんわりピンクのソメイヨシノよりも力強い生命力を感じる桜でした。

555

この桜を見ながらいただくのは、

ジャパンプレミアム マスカット・ベーリーAロゼ2013、ジャパンプレミアム甲州2014、ジャパンプレミアム マスカット・ベーリーA2013、そして、登美の丘 赤2012

552_3

これらのワインは、すべて国産品の「日本ワイン」。山梨県の「登美の丘ワイナリー」で飲むことができます。

晴れると富士山を一望できるこの登美の丘ワイナリーでは、様々な品種のぶどうが植えてあるのも特徴の一つ(ワイナリー詳細は、この記事下部にある取材記事リンクにてご覧いただけると幸いです)。

そして、自然に生えた雑草とぶどう畑が共存し、「自然と共生」する栽培を行っているのも、もう一つの特徴。生存競争によって強くて美味なぶどうが誕生するのです。

その一方で、人の手をかけて丁寧に育てている一面もあります。たとえば剪定作業。冬の畑では1万本あまりあるぶどうの木の剪定が行われます。ぶどうの成長に重要な剪定だけに、毎年一本一本、どの枝を切り、あるいは残すかを考えるのは至難の業だそうです。

そうやって、人の手と心をこめてつくられた日本のワイン。今や国内はもとより、海外でも人気上昇中。

さて、お食事にはいる前に、この4つを飲み比べてみましょう。

苺のような香りのジャパンプレミアム マスカット・ベーリーAロゼ2013は、春にぴったり。このビンテージは、甘味が少なくてしつこくない。

外国の人にも人気が高いジャパンプレミアム甲州は、2014年もまたうまし。お料理になんでもぴったりの万能ワインです。

563

右奥の赤ワインは、ジャパンプレミアム マスカット・ベーリーA 2013。酸味がほどよく、冷やして飲むとグッと美味しいワインです。

右手前の登美の丘 赤2012。渋さもあり、重すぎない赤はコッテリしたお料理にも合います。

いよいよ、お食事開始。

お店お手製の、イベントのためだけにつくられたメニューカードも、とっても素敵。

562

先附は桜豆腐でした。桜の香りがするごま豆腐。桜色がきれいです。タケノコが美味~。

564

前菜は、白子ポン酢、子持ち昆布、ツブ貝酒蒸し、ズワイガニ、鰻、菜の花。いたるところに春を感じさせてくれます。

566

トマ子の右隣は、桜。桜を見ながらワインを飲むなんて、オツです。

今年のソメイヨシノが開花したら、ワインを持ってお花見しようかな。

568

お刺身、鰆(さわら)の焼物と続きます。

569

571

お料理に合わせてワインを変えると、お酒も料理も互いが一層引き立ちます。

572

黒豚の角煮がきたら、

574

登美の丘を飲んでみたりとかね。

567

しゃぶしゃぶには、ネギがどっさりと入っていました。

575

576

サプライズで「羅豚の黒豚せいろ蒸し」も出してくださいました~。しゃぶしゃぶ、せいろ蒸しともに野菜が豊富。お肉の脂もあっさりしていますので女子会で人気のメニューだろうなぁ。

577

シメはお蕎麦とメロンでした。

ご馳走様です。

日本で生まれた日本ワインには、日本食がよく合います。

今年のお花見は、夜空の下で「桜とワイン」なんていうのもいいですね。くれぐれも風邪をひかないように、暖かい格好で行ってね~。

☆登美の丘ワイナリー取材記事(3本立て)

最高賞受賞 登美の丘ワイナリーへの旅 葡萄畑とあま~い一粒ツマミグイ編  

受賞ワイン飲み比べと資料館編 最高賞受賞 登美の丘ワイナリーの旅

最高のワインとディナー編 最高賞受賞 登美の丘ワイナリーの旅

★お店、ワイン関係のリンク

お店:羅豚(らぶ)ギンザ・グラッセ店

ワインに関するリンク:日本ワインサントリー

ご購入はこちらからどうぞ:Amazon 日本ワイン特集
































| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 4日 (金)

ジャイガネーシャ インド&ネパールカレー

用事があってよく行くビルの近くにある、西早稲田のジャイガネーシャ(インド・ネパールレストラン&バー)。用事が終わった帰りに、食べに行きます。

スタンプを12個集めると、ランチセット1回サービスでございますよ。

トマ子が大好きなカレーは、北インドのチキンカレーカライムルグ

548

組み合わせるのは、ライス。多いので、半分でお願いするトマ子。下の写真は半分ではなくて普通の一人前。

549

それから、よく食べるのはこのほうれん草のカレー。

550

チキンにしたり、インドのチーズ・パニールを入れたバージョンにしたりします。

ナンもサクッとしていて、美味しい。よくおかわりします。

551

そして、サービスでラッシーとかチャイなどをおまけに出してくれたりする優しいお店です(笑)。

いつも、ご馳走さまです。





































| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 3日 (木)

深夜に食べたいホープ軒

身体にね、身体によくないってのはわかってはいるんですけどねぇ。

たまに食べたくなるんですよ。

深夜のホープ軒ラーメンが!

飲んだ後とかねぇ。スルッと。

546

細めの縮れ麺です。

547

あ~ブログ書いたら食べたくなってきた。

また食べにいこっと。























| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 2日 (水)

スーパーフルーツ 文旦(ぶんたん)

今年、インフルエンザで家族みんなが倒れて外出できなかった時に、我が家を救ってくれたスーパーフルーツがありました。

それは、土佐文旦(ぶんたん)。

545

私たちがインフルエンザになる直前に、偶然トマママが取り寄せて、我が家に送ってくれた土佐文旦。

外出できず、出前を頼むほど食欲はなく、もちろん自分でも寝込んでいるから作れずにいたトマ子たちを、段ボールいっぱいのいい香りをプンプンさせている文旦が救ってくれたのです。

まず、

水分が豊富なために食べやすい。そして、それほど酸味がないので腫れた喉にも嬉しい果物です。

しかも、shine栄養素を調べてみると、これがすごい!shine

ビタミンA(βベータカロテン)

ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸、ナイアシン、パントテン酸)

ビタミンC

ビタミンE

ナトリウム

カリウム

マグネシウム

カルシウム

マンガン

リン




亜鉛食物繊維 など。

ビタミンCもとっても豊富。文旦を半分食べれば成人の1日のビタミンC推奨量(100mg)が満たされるそうですよ。

風邪やインフルエンザの弱った体にピッタリです。

トマ家では、文旦を毎日一人1個~2個食べて、インフルエンザを克服しました。文旦しか食べない日があったほど。食欲がなくても、なぜか文旦は食べたくなるんです。

熱っぽいときも、文旦だけはひんやり冷たくて、ジューシーで美味しく感じたなぁ。

皆さんも、日本のスーパーフルーツ 土佐文旦、食べてみてね。無農薬でノンワックスの文旦を買えば、自家製ジャムも作れますよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 1日 (火)

お取りよせハイチュウ

先日、仕事中に食べるおやつを買いにコンビニへ入り、見つけたのが、コチラ。

543

4つの味が入っているぞな。

541

山ぶどう

長十郎梨

河内晩柑(かわちばんかん)

あかつき桃

職場のおやつ箱(ここに置いておくと、みんなが自由に食べます)に置いておいたら、あっという間になくなっちゃった。

私は、長十郎梨をキープしました。まだ食べていません。

「お取りよせハイチュウ」なんて、うまいネーミングですよね。美味しそうに感じちゃう。

長十郎梨のハイチュウ、明日食べてみよっと。























| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »