« 賀茂鶴酒造見学 そして、お好み焼き「いっちゃん」へ  年末年始18切符の旅⑤ | トップページ | さようなら寝台特急北斗星② 朝の雪原の中で朝食を »

2015年3月10日 (火)

さようなら寝台特急北斗星① 昭和の香りがするブルートレイン

032

★北斗星に乗りたい!土下座(気分)で頼む

トマ子は、鉄子(鉄道好きな男の子 鉄っちゃん の女子バージョン)と言っても、それほど電車に詳しいわけでもなく、寝食を忘れるほどの鉄道好きというわけでない、半人前鉄子ではありますが・・・、

北斗星が廃止されるのを知って矢も楯もたまらず、年末年始18切符旅で大旅行の計画があったのに、家族に懇願(本気)して、

年末年始旅行とは別に、北斗星を使って北海道へ行かせてくださいっっっ!!!

と、土下座しました(気分的に土下座)。

私は、子供のころから寝台車には何度も乗っていますが、なんと、お恥ずかしながら北斗星に乗車したことは一度もなかったのです。

元同僚のSさんは高校時代に鉄道研究会へ入っていたし、100回くらい北斗星にも乗っているそうで、それを聞いた時には、プロとアマ?の歴然とした差を見せつけられた感がございました(ちなみにトマ子の高校時代はサッカー部マネージャーだったよん)。

家族的には、「え~また旅行?」と若干渋い顔をされたものの「取れたら行ってもいい」というではありませんか。大散財になる覚悟で、トマ子の必至のチケットゲットの日々が始まりました。

★チケットをとるためにトマ子がしたこと

まず、トマ子が動き出したのは2014年の12月頭でしたから、すでに北斗星廃止のニュースが流れて、連日チケットが取れないという状態でした。

なので、

①ロイヤルスイートなど、超レアな部屋は狙わないこと。乗車優先。
②しかし、開放型寝台ではなく、2人用個室である デュエット には必ず乗りたい。個室以上を狙う。
③絶対に食堂車で食事をしたいので、食事券もゲットする

という条件を自分で決めました。

JRのチケットは、すべて1ヶ月前の10時から発売となります。

そして、北斗星のチケットは、売り出して数分で完売するほどの人気です。なので、一か月前のチケット売り出しよりもさらに前から、みんなは動いています。

なお、発売と同時(10時きっかり)に、申し込みのボタンを押してもらっても、全国のみどりの窓口やびゅうなどで一斉に押しているため、レイコンマ何秒の差で取れたり取れなかったりします。

 運 と 係りの人の早押し にすべてがかかっているのです!

そして、一度は取れなかったものの、その後も調達するノウハウをネットなどで見つけて攻略し、執念で取りました~!!ばんざ~い!

しかも、びゅう経由で取ったから、レア商品として値段が吊り上がっている旅行会社のツアーの値段ではなくて、JRの正規の値段で乗れたのです。

やった~~!

ということで、トマ子の

行き 北斗星 B寝台デュエット(食事券とれた 北斗星御膳 和食)

中日 北海道 旭川泊

帰り カシオペア ツイン (食事券とれた フレンチ)

という、バッチリ旅行が始まったのでした~。

033_4


★アイドルか?と思ったら北斗星がいた

上野発の寝台北斗星に乗るために、荷物をガラガラひいて北斗星のホームに向かうと、人だかりが見えました。

ん?だれか芸能人でも来ているのか?と思ったら

北斗星でした。

全国から来ている北斗星ファン&鉄男たちが大集合。もう、アイドルなみですよ。

040

私たちは、乗り込むやいなや食堂車へダッシュ。数少ないシャワーチケットを買うために並びます。すでに、長蛇の列・・・・・。

035

お子様から大人までしっかり並んでいます。みんな、あちい。熱すぎるよ、北斗星への情熱がっ。

列車の外ではカメラ小僧たちが、相変わらずものすごいフラッシュで車体撮影しています。

私たちはシャワーカード(予約は朝しか残ってなかった)

038

ここでしか買えない北斗星シャワーセットを無事に手に入れることができました。タオルに北斗星って入ってるのよ~。

036

シャワーカードを買ったところで、電車は出発しました。ホームの鉄男さんたちやお子さんがみんな手を振っています。行ってきま~す


★車内探検の後は、グランシャリオでディナー

さて、のんびりしている暇はありません。
急いで自分たちの部屋に行き、荷物を置きます。B寝台のデュエット(個室二人用)です。

043

JR浴衣が渋い。可愛い。

042

次は車内を駆け足で探検です。みんな同じことを考えているため、たくさんの人とすれ違ったり、数珠つなぎのような列で、みんなが探検中(笑)。

でも、ほら、こんな綺麗な廊下だし、

041

ちなみに、開放型の寝台はこんな感じです。

045

うろちょろしている間に、もうご飯の時間!!急げ、食堂車グランシャリオへ。

060

なんと、一番のり~。

046

047

私たちは、今回 北斗星で和食にいたしました。

北斗星懐石御膳です~。すごく美味しかったです。お吸い物もついています。

050

049

ワインも頼みました。
048

寝台特急北斗星オリジナルラベルの赤 北海道産ツヴァイゲルト・レーベ

052

051

053

過ぎ去りし車窓の夜景を見ながらの食事は最高でした。レトロでクラシカルなグランシャリオ、素敵です。

ワインもゆっくり飲めたし、幸せいっぱい北海道の名酒、男山もいただきました。

057

ふ~お腹が一杯になったところで、お部屋に帰りひとまず休憩。そして、大行列ができている車内販売に行き、お土産を物色。車内販売も売り切れ続出でした。

064

065

↑これ、買っちゃいました。昔は、この赤い車体の北斗星もあったそうです(厳密には北斗星を引っ張っていた方らしい)。お土産も買って、再度車内探検。

今度は、くつろぎスペース「半室ロビー」に行きました。


054


アイスが美味しそうでしたので、ここでのんびりソファーに座り、車内販売のまちむら農場アイスを食べました。

055

056


062

北海道とは言えば、サッポロクラシック。雪景色を見ながら、乾杯~。めいいっぱい楽しんで、この日はお部屋に帰り、寝ることにしました。

063

では、おやすなさい。

次回は、翌朝の北斗星をリポート!









|

« 賀茂鶴酒造見学 そして、お好み焼き「いっちゃん」へ  年末年始18切符の旅⑤ | トップページ | さようなら寝台特急北斗星② 朝の雪原の中で朝食を »

旅行・地域」カテゴリの記事

★JR、鉄道記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さようなら寝台特急北斗星① 昭和の香りがするブルートレイン:

» 寝台特急「北斗星」はJR最長距離を運行 [ぱふぅ家のホームページ]
寝台特急「北斗星」はJR最長距離を運行【更新】8月22日に最終列車 [続きを読む]

受信: 2015年7月22日 (水) 18時54分

« 賀茂鶴酒造見学 そして、お好み焼き「いっちゃん」へ  年末年始18切符の旅⑤ | トップページ | さようなら寝台特急北斗星② 朝の雪原の中で朝食を »