« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月29日 (金)

ここで買えるぞ 江戸東京野菜

先日、江戸東京野菜heart04についてブログで書きましたら、

「どこで買えるのですか?」

というお問い合わせをいただきました。

トマ子、調べてみました。

こちらで買えます!!

江戸東京野菜を売っている場所

なんという親切なページ。買えるところがズラリ。

大竹道茂さんが、江戸東京野菜を復活させようとずっと活動してらっしゃるそうです。

大竹道茂の江戸東京野菜ネット 

ぜひ、興味のある方はご一読を~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月28日 (木)

お豆腐みたいでうまい!豆乳ヨーグルト 

こんにちは。

早く種まきしないといけないから、土に石灰まかなくちゃと焦って、野菜作り読本なども買ってみたりして、気ばかり急くトマ子です。

でも、忙しくて毎晩遅いからさ~、できないんだよね(言い訳)。

なんとかします、ええ、なんとか。

ところで、今日の題名は「豆乳ヨーグルト」。

納豆づくりをヨーグルトメーカー(ただし、牛乳パック入れるだけの簡易なやつ)でやったものの、若干(ってか、完全に?)失敗して、粘り気ない納豆ができあがったのは記憶に新しいところでございます(過去記事、参照)。

以来、ちょっと納豆づくりテンションが下がってしまい、ヨーグルトメーカーを放置していたのです。

で、昨日。

トマ子の愛読書、ジョルニ と うかたま の二冊のうち、うかたまに 豆乳ヨーグルトの作り方が書いてあり、

flairと思い、早速作ってみました。牛乳はトマ子は苦手なんですよ。

本には、米の一番とぎ汁を発酵させたものと 豆乳 で作るとあったのですが、とぎ汁を使うのがどうも抵抗があってね~。

だって、いい成分もたくさん入っているけれど、ほこり もありそうではないですか。

トマ子はベジタリアンではないし、今回、種は普通の牛乳のヨーグルトにしてみました。豆乳ヨーグルトも探したのですが、砂糖入りしか近くのスーパーに売ってなかったんだもん。

砂糖入りだと菌が弱くて、あまり固まらないヨーグルトができちゃうので、それは避けたかった。

そして、昨夜セットして、今朝起きてみたら!

なんと!素晴らしく固まった、お豆腐みたいなヨーグルトができておりましたlovely。出来立てホヤホヤshineの温かいヨーグルトを、朝ごはんにいただく幸せっ!

おいしいっ。

今度は、自家製甘酒を種にして、豆乳ヨーグルト作ってみますよ。

またご報告します。では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

復活してほしい ムーンライト九州

こんにちは。久し振りに鉄道の話題です。

トマ子は、プチ鉄子bullettrainでもあります。

本日は、題名の「ムーンライト九州」について。

2009年に廃止されて以来、数多くの18切符ファンが復活を強く望んでいる「ムーンライト九州」。

トマ子もその一人です。

昔昔、東京からはムーンライトながら、そして、京都からムーンライト九州に乗り、そこから沖縄まで旅したトマ子でございました。

いや~、乗車時間は長くて腰は痛くなるし、なんであんなに頑張ったのだろうという旅でしたが、すっごく楽しい一人旅でした。

要は、関西から西に18切符でいける電車(夜間移動)があればいいのよねぇ。

サンライズ出雲も乗りたいけど、高いし、ノビノビ部屋は女の子はやめたほうがいいっていうし(臭うらしいよ)。

あー、どうやって九州まで帰ろうかなぁ。安く。

学生はいいなぁ、お休みがたくさんあって。トマ子も1ヶ月くらいお休みがあったらねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カスピ海ヨーグルトといえば家森先生

今日は、本の紹介です。

日本にカスピ海ヨーグルトを持ち込んだと言われているのが、京都大学名誉教授の家森幸男先生です。一時は大流行しましたね。長寿の国で食べていた一つの食料が、このカスピ海ヨーグルトだったそうです。

トマパパもせっせと家で作っていたなぁ(当時)。

川島四郎先生×サトウサンペイさんの本を読んでいたら、その後、サトウサンペイさんが家森先生と対談されている本も見つけ、とってもタメになるので家森先生の本も読むようになりました。

自力で寄付を集めて、WHOの調査として世界中の人々の尿を採取、長寿国と短命国の貴重なデータをとるなど、大きな功績を残した方です。共産圏やマサイの人々など、命をかけた調査の様子も面白く、家森先生の研究熱に感心しきり。

「タウリンとマグネシウムが長寿の秘訣」と、おっしゃるその理由、そして何から摂取できるかなど、日常食べているものへの重要性を再認識させられます。

それに、トマ子は家森先生の調査結果で、「大豆」の素晴らしさに気づき、

「枝豆を庭で作ろうかなぁcatface

などと考えちゃいました。

家が、作物だらけになっていく・・・・・(笑 だって伊勢ピーマンとか滝の川ごぼうも植えたいし)。

「これだけ食べればいいという」偏った食生活ではなくて、古来から人間が食べていたいろんなものをバランス良く食べるのが大切なんだというのが、トマ子の読書感想です。 

川島先生同様に、家森先生の本も非常にお勧め。

トマ子が一番言いたいことは、川島先生の本も、家森先生の本も誰の本でも情報でも、それぞれ参考にして、あとは自分で考えてflair、自分の体質にあったものを食べることが重要だという点。

自分はどう思うか、何を食べたらいいのかは、最終的には自分の体ですから、消費者である自分たちに責任がありますからね(理屈っぽい 笑)。

家森先生の本は、まずは図書館で読んでみてはいかがでしょう。

『 遺伝子が喜ぶ長生きごはん タウリンとマグネシウムの健康パワー 』(朝日文庫)

『110歳まで生きられる!脳と心で楽しむ食生活 』(生活人新書)

などはトマ子が読んだ本。

内容は、2冊のなかで重複している部分もあります。 

<家森先生プロフィールなど>

武庫川女子大学 国際健康開発研究所 所長挨拶

大塚製薬 ウェルネス大学

じゃ、またね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

江戸野菜の種見つけた

江戸野菜に注目しているトマ子。食べてみたいと思っていましたが、なかなか近くには売ってませんでした。

でも小金井市に行ったときに、寺島なす を販売しているレストランは目にしましたし、「江戸東京たてもの館」の方に聞いて、「イベントではたまに販売しています」との情報もゲットしました。

それに、国立のスーパーでは、江戸野菜コーナーがあるらしいという情報もつかみました。いいなぁ、元江戸地区には売ってないのにぃ~(涙)。

でも、国立まで行って買えないしなぁと、ボーっと歩いていたら、なんと実家の近くにあるナチュラルハーモニー、滝の川ごぼう の種が売っているではありませんか!

伊勢ピーマン の種とともに、即お買い上げです。

トマ家のせっまい庭にピーマンとごぼうを蒔くぞ~。芽が出ますように(祈り)。

梅酒を漬けた様子は後日、写真つきでアップしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

保存食づくりにいそしむトマ子

おはようございます。

台風一過の晴天から、一転して梅雨空になりました。

曇りって憂鬱です。夜遅くビールbeerを飲んだのが祟ったのか、朝だるく、体をひきずるようにして仕事に行きました。だるい。早く帰りたい。

世に、

「このブログを読むと元気がでます!」

とか

「美味しいもの、キレイなものが満載で素敵shine

というブログがございますが、トマ子のブログはそういう類ではありません(きっぱり)。そういうものを期待されると、苦しいものがあります。徒然日記なの、私の場合。

ところで、昨夜ですが生まれて初めて梅酒wineを漬けてみました!(漬けた様子は明日にでもブログでアップします)

和歌山の南高梅catfaceが一昨日届き、箱を開けた時点で、ふわーっとスモモのような香りがあたり一面に広がって芳しく、期待度120%でした。

匂いだけだと、「このまま食べてもいいのでは?」ってぐらいに、素晴らしく芳しいのです。

そのまま食べると、青酸カリ中毒bombで危ないのでグッと我慢です。

一昨日はホワイトリカーがなかったので、昨夜買って漬けたというわけ。

そういえば、

梅酒を作ろうと思って、初めて気づきましたが世の中は5月~6月にかけて、八百屋さんやスーパー、そして酒屋さんでは、梅酒づくりのためにいろいろと用意や値引きをしているのですね。

梅を売るのもしかり、アデリアの赤い蓋のビンを売ることしかり、酒屋でホワイトリカーが一時的に安く(梅酒づくり用とのことで、カクヤスでは期間限定でお手ごろに販売していました)なっているのもしかり。

こういう風潮、私は知りませんでした。ラッキョウ梅干も同じ時期なので、それ用に、もみ紫蘇や生ラッキョウが店先でも売られています。

手作りって楽しいですし、四季を感じる伝統は残っていくといいなぁと思います。

昨年の3.11以降、保存食としての味噌や塩麹、梅干などが見直されているそうです。そして、それぞれ家で手作りするという流れが出てきています。

トマ子もそうです。家にあったら便利だし、美味しいし、何よりもちょっとの手間で無添加の食料がたくさん食べられる。作るとわかるんですが、市販の商品って割高なんだよね~。

たぶん、味噌とかはとくにそう。

今度味噌を作ろうと考える所以です。うち、お味噌汁毎日飲むから、味噌消費が激しくて。昨夜は久し振りに塩麹も仕込みました。

日々、発酵して美味しくなっていく梅酒、塩麹、そして糠床。日本人の知恵はすごいなぁと感心しますね。

では、また明日(たぶん、更新)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

江戸東京野菜を食べましょう!

おはようございます。

昨夜の台風typhoonで、トマ家は吹っ飛ぶかと思いましたよcoldsweats02 いやー、すごい風でしたね。

皆様はご無事でしたでしょうか?あの強風では、屋根が飛ばされてもおかしくありませんね。怖い怖い。

ところで、一度ハマると、とことん?追求型のトマ子です。

川島先生とサトウサンペイさんの「食べ物さん、ありがとう」(朝日文庫)を読んでから、毎日、青野菜が食卓にのぼる(トマ子が出しているのですが)ようになりました。煮干も佃煮にして、カルシウムも摂取しております。うちカルシウム不足だったからな~。

そして、青野菜の代表格である小松菜を調べ始め、ついに江戸川区に小松菜探しの旅に行ってしまいました(笑)。

いや~、楽しかったです。また行きたい。

トマ子は現在文京区在住なのですが、江戸川区へは、ほとんど行ったことがありませんでした。しかし今回行ってみて、江戸川区民の方が羨ましいと思いましたよ。

小松菜の旅(というか散歩)については、後日、写真付きでブログに載せますのでお楽しみに。

さて、話を戻します。

小松菜を調べ始めたところ、わかったことがありますのでご報告。

<小松菜の歴史>

江戸川区のホームページには、

「小松菜の元となった野菜は奈良時代から平安時代に中国から入ってきたもの。原種は、南ヨーロッパの地中海沿岸、北欧のスカンジナビア地域などで確認されている。江戸(江戸川区)に伝わったのは鎌倉時代で、名前が示すように小松菜の発祥の地は江戸川区で、徳川将軍が名付け親といわれている」。

とのことです。

ここからは、トマ子がサラッと調べた伝承ですが、

この徳川将軍というのは徳川吉宗(8代将軍でございますね)であり、鷹狩りで江戸川区小松川に立ち寄った吉宗へ、地元の人が青菜を献上し、これがとても美味だったために名づけたと言い伝えられています。

<出回っている小松菜の実態は!>

一般に出回っている小松菜は、近年、中国野菜のターツァイなどとかけあわされたものです。江戸川区で古くから作っている小松菜とはちょっと違うそうです。

違いは

かけ合わせた小松菜・・・・・・1週間くらいシャンとして元気

伝統的な小松菜は・・・・・・・・2日くらいで萎れちゃう

わかりやすいですね。売る側としては、かけあわせた小松菜のほうが萎れにくくて売りやすいってなわけです。

でも、伝統的な小松菜(伝統小松菜とかいう名前でも売られています)は、shineやわらかくてシャキシャキして美味しいですshine

まあね、こだわって「伝統小松菜しか食べない」とすると、難しいので、八百屋さんで普通に売っている小松菜でもいいし、本家本元の江戸川区に行って小松菜を買ってくるのもいいのではないでしょうか。小松菜は、ビタミンCや葉緑素だけでなく、ほうれんそうの5倍のカルシウムです。

ところで、

この江戸川区の小松菜のように、江戸時代には近郊で取れる野菜を人々は食していました。それが「江戸東京野菜」です。文京区は駒込なすが有名です。

亀戸大根、練馬大根、東京うど・・・・ほかにもいっぱいありますよ。滝野川ごぼうなんていうのもあるそうです。

最近注目の江戸東京野菜。東京にも伝統的な地場野菜がたくさんあるのは嬉しいかぎり。

昔からの種を使っている野菜は少し苦味があり、苦味は口に入った瞬間から唾液が出されて消化を助けるので、体にもとてもいいのです。

小金井市のホームページも江戸東京野菜について触れています。また早稲田大学・地域住民・企業・NPOの協働による気仙沼復興塾のページも地名がついた野菜を掲載していました。

では、またね~。最後まで読んでくれてありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨でもサラっと ピカピカ洗濯術

今月の記事は「キレイに長持ち ピカピカ洗濯術」

じめっとした梅雨を、サラサラと美しく すごしましょう~。

調べていて、ちょっと役に立った知識を書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

台風とやってくる和歌山の「梅酒づくり」セット

朝から重い雲が垂れ込めて、生ぬる~~い空気ですね。台風typhoonが段々と近づいてきています。夕方からはが本降りですって。

いやですね~。

今朝はトマ子のように、長靴出勤する女性たちもチラホラ見かけました。本降りには、長靴ですよ。

さて、昨夜はかなり疲れていたので10時に就寝。8時間も寝たのでスッキリshineです。今日のお仕事は頑張れそう。やっぱり睡眠は大事だなぁ。よく寝た!

そうそう、仕事よりも今日は頑張らなくてはいけないことがあるのです。

いつも頼んでいる野菜が届くほかに、和歌山から手作り梅酒のセットlovelyが届く予定。初めての梅酒づくりでドキドキです。

昨日はマツキヨでビンを消毒するアルコールやキッチンペーパーを購入し、準備ばっちり。

ちなみにセットとは、梅と容器などです(砂糖もついていたかも)。

容器は、近場でアデリアの赤いふたの果実酒ビンを買おうかとも思ったのですが(実家ではよくアデリアで梅酒やラッキョウをつけていたので、馴染みがある)、梅と一緒に頼むセットを見つけ、石塚硝子製(アデリアも作っている会社)の可愛いビンだったし、こちらを注文しました。

雨の中をサッサと帰って、野菜をしまって、梅酒をつけなくちゃ。

頑張りまーす。

余談:梅干用の梅もナチュラルハウスに依頼。こちらは届くのが、もう少し遅くなるそうです。梅酒に梅干、床下収納、やっと活用できるぞ~。あとは味噌作りだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

ホロニガくん推薦の麦ご飯 精白米の20倍の食物繊維

最近登場していないホロニガくん、仕事(スーパーのレジの袋入れ係)が超忙しくて、姿を見かけないほどでした。

先日、久しぶりに外でボーっとしているホロニガくんがいたので、「元気?」と声をかけたら

「忙しすぎて、ちっとも元気じゃない!」

とのお答え。

ふむ、お疲れ様。

そして突然、

ホロニガくん「トマちゃん、麦ご飯って美味しいんだよ。これからは麦ご飯だよ」

と、のたもうた。彼は玄米が苦手で麦が大好きなため、家では麦ご飯を食べているそうです。いきなり麦ご飯の話が出てきて、びっくりだよ。

家に帰って、調べてみると麦ご飯は食物繊維が豊富とのこと。ご飯に入れるなら、押し麦が便利です。

ホロニガくんのアドバイスを怪しく?感じたトマ子が調べた結果、以下のことがわかりました。

<大麦(押し麦)の知識>

大麦の外側をむき、加工(ローラーでつぶした)ものが押し麦。

ちなみにパンは小麦ですね。

大麦について女子栄養大学のページで面白い説明がありましたので、載せます。

(↓女子栄養大学のページからの引用)

「大麦」「小麦」の名称は種子の大きさではありません。これを食べる人間にとっての価値の大小を意味していたようで、かつては小麦より大麦のほうが、食糧として重要であったことによります。

実は、大麦はビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なのです。動脈硬化、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病の予防に効果があると言われています。

食物繊維は、shine精白米の約20倍flair(そいつはすごいっ! byトマ子) 。便秘にもよく、大麦に含まれるセレンやポリフェノールは活性酸素を抑制する酵素の合成に働き、とくに抗ガン作用が期待されています

ふーむふーむ、知らなんだ。たまにはホロニガくん、いいこと言うなぁ。

翌日から、早速トマ子も麦ご飯にしました。白米だけ、あるいは玄米よりも軽くて、とっても食べやすいです。ぜひ、麦ご飯、習慣にしましょう!

詳しくは、女子栄養大学のこちらのページへ。

じゃね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

胃とか腸→農業→食料自給率 のはなし

おはようございます。

今朝もちゃんと寝たのに、眠い。

やっぱり睡眠は8時間はとらないとダメなのかしら(昨夜は6時間睡眠)。

話し変わって

人生において一番健康であってほしい部位って、みなさんはどこですか?足腰?肌?目?歯?

トマ子は、胃とか腸が大人になってから弱くなっているので、強くなってほしい。切望しています。

食べたものを消化し、そして排泄する。これって、体の基本ですよね。

胃と腸が強ければ、アレルギーにもなりにくいらしいし、代謝が良くなれば血もめぐり・・・・・と、いいこと尽くめです。

あ、でもあれだな、歳をとるとそれ以外に歯だとか心臓とかが強いといいのにと思うのでしょうか。

日が昇るころに起き、体を動かして働き、自分で作った野菜を食べ、日が暮れると眠る・・・・・。そういう生活ですと、胃も丈夫になるような。

ペルーの街で、野菜をロバの荷車に引かせて売っている農家の方は、そういう生活をしていました(でも収入は少ない)。

リマとはまったく違う生活。貧富の差は大きいです。車がビュンビュン行きかう道路の端っこで、コトコトとロバが荷車をひいているのは、インパクト大でした。

理想と現実がありますね。農業も大変だしなぁ。

でもですよ、ここで食料自給率をみてみると、先進国の中で日本は最低の水準なんです。

昭和40年には73%(カロリーベース)だったものが、平成22年には39%まで下がっています。鎖国したら、食べていけませんよ、日本。

やっぱり農業復活しないとダメですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

わが家は小松菜フィーバー

こんにちは。

今日、NHKのお昼の番組で江戸川区の小松菜について取り上げていました。偶然ですが、我が家も現在、小松菜づくしが続いています。小松菜フィーバーpunchとでも言いましょうか。

ほうれん草と違って、小松菜は日本の在来種

そして栄養豊富な青野菜なんですよ。

青野菜を毎日食べて、をサラサラにしたい!と思い、トマ家ではせっせと小松菜を煮ても焼いても食ってます(実際はおひたしが多い)。

小松菜が日本全国に広まって、煮干とともに毎日の食卓にのぼればいいなと思います。

ビタミンとカルシウム。特に日本人にはカルシウムが足りないそうですので、しっかり食べましょう。小魚は内臓や骨までバリバリ食べるといいのです。煮干はぴったり。佃煮にして食べよう!

などと、えらそうに言っていますが、実は、こちらの本から教わったことです。

『食べ物さん、ありがとう』。

栄養学者の川島先生にインタビューしたかった。

川島四郎先生の略歴などがこちらに載っています。

『食べ物さん、ありがとう』

『まちがい栄養学』

『くだもの栄養学』

などなど、著書は有名ですし、非常に役立つ知識が満載ですので、お手にとってみてください。

人も縁、本も縁で引き寄せられますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

『ももへの手紙』 トマ子の勝手に映画評論 

おはようございます。

曇りでドヨーンとした朝でございますね。

金曜日からずーっとハードなスケジュール(遊びやおでかけ、お客様)でしたので、朝からぐったりと仕事をしているトマ子でした。

楽しかった 、さすがにづかれたびー

土曜日はうちに お客様shine が来てくださり、とても充実した楽しいひと時でしたし、日曜日も家族に会いに行ったり、友達とワイワイ話しながら夜ご飯食べて、ゲラゲラ笑ったり、実にいい時間を過ごしました。

だがしかし、体力がついていきません(涙)。

しかも、今日も夜はおでかけです。

われながら、スケジュール詰めすぎでした。ああ、管理能力ないです、トマ子。明日の朝は死人みたいになっているに違いない!

それでですね、表題の『ももへの手紙』はいつ観たのかというと、土曜日昼なのです。一週前からネットで予約してチケット取りました。だって、当日行っても土日のチケットは完売しちゃっているんだもの。

もう、上映館も少なくなっている時期ですからね。

感想を一言で言うと「観てよかった~」ですね。一緒に行った人は、ボロボロ泣いてました。

ストーリーは、観てすぐに展開がわかるのですが、それでも「わかっちゃいるし、典型的なストーリーだけれども、この映画の世界に浸ってみよう」と、思ったのよねぇ。

会場には子どもたちも来ていて、にぎやかな笑い声が映画館に響いてました。

人を素直にさせる映画かな。

ぜひ、機会があったらごらんください。子どもにかえって観ると、素直に感動するかも。

では、またね。

6月29日までは、角川シネマ新宿でも上映しているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

梅干を漬けるツボ?もとむ!

今年はの収穫が遅れているそうです。例年ですと南高梅は5月中旬ごろから収穫されるとのことですが、今年は6月始めになるとの噂。

そんなこんなで、4日に届く予定だったトマ家の梅干用の梅もまだ届いていません。

実は、梅干を漬ける容器をまだ用意していないので、トマ子はちょっとホッとしています。

梅酒のほうは容器ごと頼んだのですが、梅干は陶器がいいとか硝子がいいとか、いろんな意見があるので迷っちゃって。

早く、買わねば。実家にはある空いている容器があるみたいですが、取りに行くのが重いから面倒だわ~。

梅干、漬けるの楽しみ。

屋上で干しまくって、うまい梅干をつくるぞ~。

ビギナーズラックは、あるのか?乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

5月の女子会の〆は ビストロ・ジュイエー

こんにちは。

5月最後の女子会は、ビストロ・ジュイエー

ビストロを越えていると思います。正統派のフレンチで素材にこだわっています!もちろん、美味しい!

ここもトマ子が大好きなお店です(好きな店多いなぁ)。

今回は、ちゃんと写真を撮ってまいりましたですよ。

はい、こちらです。あなごの前菜。

Photo_6

あー美味しかった。はまぐりのソースが最高でした。

Photo_7

Photo_8

Photo_9

デザートも美味。また行きたい・・・・・。

Photo_10

Photo_12

元同僚とのランチでしたので、前の会社の話題が多かったかなぁ。みなさん、元気そうで何より。

風邪薬を飲んでいたので、お酒が飲めなかったのが残念なり。近いうちに、絶対リベンジするぞ~。酒リベンジ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

自作納豆は失敗?成功?

我が家の手作り食糧2つについて、今日は書いてみます。

<糠漬けについて>

昨日で捨て漬け期間も終わり、スイカのなどをエサに元気いっぱいに育ったうちの糠床。元気なのは、かき混ぜるとフワフワして、良いにおいがするのでわかります。

まだ、何も雑菌が入ってなくて、初々しいぞ!

早速きゅうりを漬けてみました。

今朝、わくわくしながら食卓に乗せて、つまむと

「しょっぱっ!!bearing

・・・・・・・昨日、張り切りすぎて夜の9時ごろから漬けちゃったもんなぁ。で、朝の7時ですものね。10時間じゃ、塩辛いかな。まだ滋味のようなものは出てない新米糠床ですしね。

味がこなれるまで、時間がかかりますな。

<自作納豆>

牛乳が昔からあまり好きではないトマ子。昔、ヨーグルトメーカー(牛乳パック入れる簡易版)をもらったので、ヨーグルトはたまに作ってたのですが、やっぱりあんまり牛乳がすきではないから、使わなくなってしまった。

このヨーグルトメーカーを使って、何か作れないかと思ったところ「あ、納豆はどうかな?」とひらめいちゃったのよね~。

で、

大豆を買ってきて作りました。ただ~し、今回仕事が忙しくて、一晩と半日も大豆を水にひたしちゃったの。このときにどうやら少し発芽しちゃったみたい・・・・・・。

でも、まだ豆を突き破ってはなく、コンモリと胚芽が膨らんだくらい でしたので、無視して次の過程へ(笑)。大豆を煮て、牛乳パック(豆乳の使い終わったパックがあるので、それを利用)に煮大豆を入れて、大切に残していた「天野屋さんの芝崎納豆」を入れてかき混ぜ、ヨーグルトメーカーへ。

結果はですね、粘り少ない、若干発芽した、でも美味しい納豆ができました。

もっと、ネバネバした納豆にしたい!納豆のサラブレット、納豆の横綱である芝崎納豆に近づきたい!

トマ子の試行錯誤は続くのです。まためげずにつくるぞぉ~~~~!

余談:先日は部分月食が見れると聞き、トマ子はこの自作納豆をたっぷり器によそい、醤油をかけて、水割りウィスキーのグラスと一緒に持って、屋上へ行きました。

納豆を食べながら、ウイスキーを飲んで、空を見上げていましたよ。

納豆はうまかった。月は雲で見えなかったなぁ。

では、またね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

銀座星福本店 個室で薬膳女子会でした

5月の女子会第二回目は、前回とは違うメンバーで、銀座星福本店レディースコースheartを食べに行きました。

トマ子が大好きなお店。今回は私が予約し、メニューも決めさせてもらっちゃった。

美味しくて品がよい薬膳のお店です。

前回のフレンチランチもそうですが、この薬膳ランチも久しぶりに会う子たちだったので、話が弾む弾む。もう、話が止まりませんですよcoldsweats01

個室にしていただいたので、自分たちのペースで食べすすめられて、思う存分おしゃべりもできたのです。

薬膳を目の前にしているだけあって、みんなで体調のことを相談しあいました(笑)。会話がしぶいね

昔は、恋愛とか美容の話ばかりしてたなぁ。でも、歳をとると体の調子もね~、悪くなるんだよね。あちこちね(笑)。

もっと歳をとると、こういう話ばかりになるのでしょうか。ちょっと怖いなぁ。

いつまでも健康で、会えたらいいねと言いあったのも印象的。この後、銀座の街を散策して、生クリームたっぷりつけたスコーンでお茶もしちゃって、高カロリーな一日でした。

楽しかったわぁ。あ、写真はないよ~。今回はカメラ持っていくの忘れちゃったもん。

では、第3回目に続きます。ばいばい。

中国薬膳料理 星福

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

絶景の36階 BREEZE OF TOKYO で女子ごはん

4月に「5月は女子ごはん月間にしよう」と、決めたトマ子。

学生時代の友達や会社の元同僚らと、毎週、女子ご飯をしていたので、ブログに載せようと思います。

第1回目は、友達が丸ビルにあるフレンチ「BREEZE OF TOKYO」を予約してくれたので、ランチにおでかけ。

Photo

ここはカジュアルフレンチのお店ですので、レストランに来ているお客様も若い人が中心でした。

隣の席の子たちは、シャンパンshine飲みながら女子話に花を咲かせていました。若そうに見えたけど、幼稚園の話をしていたから若いママたちだったのかも(話、聞こえちゃった)。

私が食べたのはメニューは、こんな感じ。

Photo_2

Photo_3

駅からすぐの丸ビル内だし、味もまあまあですし、眺めがとてもいいので女子会におすすめですよ。

Photo_4

Photo_5

たくさん食べて、いっぱい話しました。楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »