« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

思いがけずに届いた花、そして心のこもったCD

実はトマ子、長年勤めていたヨーヨー会社を辞めることになったのです。

ヨーヨーを愛していたので、それはそれは本当に辛いことでした。

でも、不景気だから仕方なかったのでした。

お世話になった皆様に挨拶して、「さて、帰るかな」と言ったら、音楽好きのKさんが

「はい、これ」

と、一枚のCDをプレゼントしてくれました。

Photo_9

サックス四重奏のCDです。サックスが好きな方なのです。

CDが入った紙袋にとても可愛いテープが貼ってあったので「このハートのテープ、可愛いですね」とトマ子がつぶやくと、

「お店の人に『(何かプレゼントっぽい包装になるような)テープないですか?』と聞いたら、これを探して貼ってくれたんですよ」とのこと。

普段は無口な同僚、Kさんですが心が優しい、まじめな方です。

トマ子が一瞬、持ち金150円(!)くらいしかなく、近くに銀行がなかった時に、どうしても温かいコーヒーが飲みたくて、

「Kさん、コーヒーが飲みたいです。ごちそうしてください。一番安いのでいいので」

と、冗談半分、本気半分に言ったら、笑って、ちょっと大きいサイズのカフェオレをご馳走してくださいました。今となっては懐かしいです。

今日、家に帰ったら今度は同僚の女の子から花束が届きました。

Photo_10

メッセージカードには「トマ子さんのヨーヨーに対する愛情を近くで感じていた。うらやましく思っていた」などと書かれてあり、トマ子は思わず泣いてしまいました。

人は、支えられていることをすぐに忘れてしまう生き物です。でも、本当はみんなに支えられて、たくさん助けられているのです。

急に仕事を辞めなくてはならなくて、好きな仕事だっただけに、一時は真っ暗になっておりました。

でも、自分のことだけでなくて人を思いやる気持ちを持つ二人。

多くのスタッフが抜けて、いよいよ大変になるKさんやお花を贈ってくれた彼女。その2人に、教えられるような一日でした。

私信のようなブログですけれど、感謝と自戒をこめて記したいと思います。良い職場、良い同僚を持って、トマ子は幸せでございました。

涙。

熱燗でも飲むかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

そうだ秋田へ行こう② 大雪と祖母と名店「酒盃」の巻

洗濯物を干していると、隣のホロニガ家から連続くしゃみ音が。

ガラガラガラ(ガラス戸を開ける音。ホロニガ君がベランダに出てきた)

Horo_ 「あーづだいな(訳:あー辛いな)。クシュン」

Toma_ 「ホロニガ君。もしや風邪?」

Horo_「あ、どまじゃん(訳:トマちゃん)、おはよう。がぶんじょうで、くしゃみとはなびずがどまらないの~(訳:花粉症でくしゃみと鼻水が止まらないの~)。どまじゃんは、がぶんじょうとかになりそうなヤワながらだしでなさそ~でいいね(訳:トマちゃんは、花粉症とかになりそうなヤワな体してなさそ~でいいね)」

Toma_「(怒)私も一応花粉症だけど、それほどひどくないだけだし」

Horo_「ふーん(疑)」

失礼しちゃうわね。部屋に戻ってブログ書こうっと。プリプリpout

さ、前回の秋田日記からだいぶ間が空いてしまいました。秋田巡業記、覚えておいででしょうか?

日景温泉ちゃちゃ丸(猫)を追いかけまわし、温泉に日に3度くらい入って満足満足。ぐっすり眠り、起きてみると!

大雪でした~っ

Photo

一晩でドカーンと降ったのです。

秋田市まで帰れるのかしら・・・。日景温泉の宿の方に聞くと、さすが雪国「電車は大丈夫ですよ。そんなに簡単には止まりません」

ふむ。しかし私たちが駅に到着すると・・・。じゃーん!

Photo_2

coldsweats02ホームに行くのに長靴じゃないと無理じゃん! (←トマ子は東京からお洒落長靴履いてきた。ウッシッシ。同行者はスニーカー)。電車は来るの?走っているの?(オロオロ)

だが、しかし電車は来たのです。お顔にたっぷりの雪を付けて。まるでお髭。

Photo_3

これで運行しているのだから素晴らしい。雪国満喫コースですよ、あなた。

電車にガタゴト揺られて秋田駅へ到着し、駅に展示してあるミニSLも激写。トマ子は乗り鉄だけど、たまには写真もね。鉄男、鉄子のために説明します。

下の写真は、

D51 554型 1/5スケールだよーん(これってデコイチってやつ?キャー!素敵)

Sl

ホテルにチェックインして荷物を置き、叔母の家にいる祖母に会いに行きました。

今回の秋田巡業のメインイベントは、shine祖母を訪ねるということだったのですshine(え、ヨーヨー巡業じゃないの?)。

もう91歳。少しボケているものの、瞬間的に「あら、トマ子ちゃんどうしてここにいるの?」と私が分かった様子。

その後すぐ私が孫のトマ子だとわからなくなっていたけど、一瞬でも認識してくれて嬉しいよ、おばあちゃんcrying

トマ子は祖母にすごく可愛がられて育った(トマ子が小さいときは1ヶ月に1回くらい秋田から東京に来ていた。つまりしょっちゅう私を看にきてくれた)ので、久しぶりに会えて涙が出そうでした。

記憶がマダラとなった祖母とお話して、叔母夫婦とも歓談し、ホテルに戻りました。

この夜は、秋田の“地酒と田舎料理 手打ち蕎麦”で有名な「酒盃」へ行きました。

温泉にも行けたし、祖母にも叔母夫婦や従兄弟にも無事会えたし、ヨーヨーも少し売ったし?秋田巡業のほとんどの予定をクリアしたので、「酒盃」ではリラックス。

食べるぞぉぉ~。

まずは、お通しと呼ぶには恐れ多い6品が出ました。木の箱に並んだ、鮟キモやタコとネギをあえたものなど。お酒に合います。

Photo_4

日本酒はみんなでいろいろと頼みました。

由利正宗 雪の芽舎、春霞 「酒盃」限定酒純米活性にごり酒、刈穂 六舟などなど。飲みかたもそのままだったり、ぬる燗だったり。

メニューには、お燗酒の温度名称というものがありまして、

55℃ 飛び切り燗

50℃ 熱燗

40℃ 温燗(ぬるかん)

35℃ 人肌燗

30℃ 日向燗(ひなたかん)

だそうです。知りませんでした、トマ子。

そして、ご飯ですけれど〆鯖あぶり焼きや、秋田名物のハタハタという魚を使用したハタハタすし↓(祖母の家では昔、遊びに行くとハタハタを串刺しにして囲炉裏で焼いてくれたものです。懐かしいな)。

Photo_5

桃豚しゅうまい

Photo_6

お刺身盛り合わせ。器が面白かったので、ちょいと刺身が遠目ですけど。

Photo_7

串焼きは比内地鶏、つくね、はらみ

Photo_8

比内地鶏の石焼。ジューっ。

Photo_9

Photo_10

とろとろ茶わん蒸し、そして最後に手打ち蕎麦をいただきました。美味しくしっとり飲みました。

秋田、やっぱり好きです。

実は翌日、秋田の海沿いの温泉にも遊びに行きましたが、秋田巡業日記はここまで。

近いうちに広島巡業、京都巡業、そしてミニチュア日記もお送りしま~す。お楽しみに!ネタが溜まりすぎcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

ねこぱんちと柿の種・スパイシーカレー味

こんばんは。久しぶりのブログ更新ざます。

昨日、仕事でお世話になっている方からエクスパックで荷物が届きました。

なんだろうと思い、shineウキウキしながら開けてみると・・・・・・・

『ねこぱんち』 

と、

期間限定 柿の種スパイシーカレー味がっ!!happy02

Photo

亀田のカレーせんべいが、ものすっごく好きなトマ子のことを知らないで送ってきたとは思えない、名セレクトですっlovely

そして『ねこぱんち』ですけれど、この方、猫が大好きなんですよ。

「『ねこぱんち』という雑誌が面白いので是非読んでみてね」とは言われていましたが、送ってくださるとは。どうもありがとうございま~~す。

スパイシーな柿の種が同封された理由は、

「『ねこぱんち』読むのに、セット物ということでheart04

と一言。

さすがNさん。良いセンスですflair。私は嬉しくて早速ブログに書きました。スパイシーカレー味な柿の種なんて、ビールbeerも欲しくなっちゃいそう。

食べるのは明日のお楽しみ。

追伸:秋田巡業編、いずれ続きを書きます。気長に待っててね~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

雪降る寒い日に パリの薬草入りのキャンディ

今日は粉雪が舞う東京郊外に行きました。こんなに降るんだったら、足元が濡れないようにヒールなんて履かなければ良かったと後悔。足がビチョビチョになりました。

しかも寒くて、外を歩くと凍えてしまいそうな日ですね。

こんな日には薬草の話なんぞを。

いただきもののこのキャンディーは「ラ・メゾン・ド・ミエール・ガラン」の可愛い「薬草入りはちみつキャンディ」。

Photo

「ラ・メゾン・ド・ミエール・ガラン」は、1898年創業のフランスはパリの老舗はちみつ店です。一切添加物を加えていない天然100%のフランス産はちみつを扱っているとか。

このキャンディは、そのはちみつと薬草をミックスした品。私は薬草とか漢方に興味があるので、いただいた瞬間に満面の笑顔でした。ありがとうございます。

さて、このキャンディいろんな色があるでしょ。

Photo_2

これは、すみれふきたんぽぽたちあおいほうこう草ミントなどが入っているそうです。

色はざっと見て3種類だから、配合が違うのかな?

喉の痛み、咳、ドライマウスに効くらしい。早速、寒い外から帰宅して、白湯と一緒にいただきました。

今週は大荒れの天気で、各地で暴風雨や雪だそうです。外から帰ったら、温かいはちみつ入りジンジャーティーなどを飲み、薬草キャンディを食べて(笑)風邪を予防しましょうね。

このキャンディ、食べるとお洒落になった気がします smile。一粒一粒大切に食べていて、そんな自分、嫌いじゃありません(笑)。

「ラ・メゾン・ド・ミエール・ガラン」の商品は、こちらで購入できるみたいです。「ラ・メゾン・ド・ミエール・ナミキ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

ちかっぱ すごいぜ!長崎フェアだよ~ん

春がもうすぐそこまで来ていますheart04

ほらっ足音がear カサコソカサコソ・・・・・い、いやな足音だな・・

それはさておき、みなさんは冬の食材を充分に堪能しましたか?

トマ子は以前ブログでも取り上げた新宿の九州のお取り寄せキッチン ちかっぱに、冬のごちそうを食べに行ってきましたよ。

何より、長崎フェアってのいうのがいい!2月25日~3月31日までやってま~す。

Photo

龍馬が立ち寄った地ということで、長崎では今龍馬フェアをあちこちでやっているそう・・・・・。それにしても、日本全国で龍馬イベントが行われているのね・・・。

ささっ、ご飯にしましょ。

まずはお店の人が一押ししている「生からすみ」。トマ子生まれてはじめて生のからすみ食べました。う~ん、柔らかくてほどよくしょっぱく、お酒に合うね~。ウマー。

そして、「真っ赤なラディッシュにつけて食べるのが、お勧めですよ」というスタッフの言葉そのままに、ペトリとつけてガプっ(黄色いのが生からすみ よ)。

Photo_2

生からすみとラディッシュの辛味がほどよくマッチしてますな。

お、その横には干からびた魚、もとい 魚のかりんとう があります。

Photo_4

左奥のアゴ(飛魚)、右奥の鯵、手前のちりめん の かりんとう です。アゴのかりんとうが一番おすすめ。サクサク甘くて止まりません。そんなあなたに、今日はこの一杯を。

Photo_12

出てきた瞬間に「すぐ、食べてください」と言われた ハトシ。これは生の芝エビをのすり身と卵黄をなどを加え、揚げた熱々が出されました。

Photo_5

日本やオランダ、中国など様々な文化が組み合わさったお料理=卓袱(しっぽく)料理 の中の一品で、「ハトシ」と言えば、エビのすり身を食パンではさんで揚げたものだそうです。これ、絶対食べてください。悶絶するほど美味しいです。奪い合いでございました。血が流れないように、一人一つは頼んでね。

龍馬ファンの皆さん、お待たせいたしました。忘れちゃならない鯨肉(龍馬が好きだったそうな)。食べながら「哺乳類ってビジュアルだよね~、この肉」といいながらムシャムシャ。

Photo_6

迫力の赤っ。鯨の隣には、ごんあじ。長崎・五島灘が生んだ鯵、ごんあじ。トマ子の大好物です。甘みがあって肉厚。鯵って贅沢な魚だったのか、と思って箸が独りでに動き、鯵をつまんで次から次へと口へ・・・・不思議な現象だ

注:今回は日付が入っちゃった写真が結構ありますが、お気になさらず。

そして、おいしいお料理を出してくださった料理長登場。なんでも質問に答えてくださいます。

Photo_7

野菜も相変わらずの新鮮さ。みんなで思わず撮影。

Photo_9 

お、そういえば今夜の主役は 鰤(ぶり)しゃぶ でした。天然ぶりをいただきましょう。

Photo_10

ちかっぱのスタッフが美味しい魚を求めて壱岐に行き、「目利きになるために漁師の気持ちを知りたいっ!」 と血迷いcoldsweats01、ナンバーワン漁師と一緒に漁にも出たとか。その漁師の方の船、「宝成丸」で獲った鰤なんです。ブラボー

Photo_11

対馬イノシシも、すき焼きにしていただきましょう。なぜこんなに匂いがなくて美味しいのか、謎がいっぱいの対馬イノシシ。このすき焼きは対馬マタギの大浦さん直伝のすき焼きだそうです。濃厚でボリュームあります。

飲みすぎながら夜も更けていきまして、終電を逃しタクシーに乗ったトマ子でした(涙)。

この日は、つきじろうさん超神田っこさんMさんくにろくさんとご一緒させていただきました。ありがとうございました。

しかし、みんな飲むね~(笑)。さすがでした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »