« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月27日 (水)

PUKKAで癒され CELESTIALで女の子気分に

トマ子Toma_ は昔からお茶が大好き

そう公言しているせいか、お茶のいただきものが非常に多くて、ストックが溜まっていき何を飲もうか迷うほどです。

緑茶中国茶紅茶ハーブティなど、ヨーヨー会社の机の引き出しや、おうちの棚にごっそり入っています。

集まりすぎて、消化できずに友達にあげたりもしています。

でもやっぱり「もういらないっ!」なんて思わず、集まってくるとうれしいもので、ミニチュアと同じく収集癖のせいかな~と、ぼんやりお茶群を見て考えたりする毎日です。

今回は、パッケージで思わず選んじゃった2品と、友達からいただいた1品をご紹介。

まずは、オーガニックで有名な「PUKKA」 。ご存知、イギリスはブリストルからやってきたお茶です。この写真は、『LOVE』と名づけられたオーガニックローズとカモミール、そしてラベンダーが入ったお茶。

Photo_2

なんとも乙女チックではありませんか~。女の子気分に浸りたい時、おすすめのブランドです。癒されます。ちょっぴり甘いんだよ。

次は、こちら。

アメリカから来た「CELESTIAL SEASONINGS」のチョコレートラズベリー(ハーブティー)。

Photo_3

そうです。お察しの通り、「どんな味なの?」と、好奇心で購入しちゃいました。INGREDIENTSを見ると、ローストキャロブ、ローストチコリー、ラズベリーフレーバーなどの中にNATURAL CHOCOLATEheartとあった!

飲むとチョコレートの香りがするんだよ~。びっくり。

最後のお茶は可愛いカレルチャペック紅茶店の缶。日本のメーカーです。ちなみにカレル・チャペックはチェコの作家で、トマ子は『園芸家12ヶ月』と『長い長いお医者さんの話』は読んだことがあります。この作家から会社名をつけたんでしょうね。

Photo_4

写真の缶のものと、もう一つ薄いピンクのカレルを友達からプレゼントしてもらいました。入っていたのは、フルーツフレーバーの紅茶と、桜の紅茶。朝食によく登場する茶葉たちです。

飲んで楽しむお茶ですけれど、トマ子Toma_選んでいるときがとっても好きだったりします。

みんなはどんなお茶を飲んでいるのでしょうか。

では、またね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

『マイマイ新子』、『ブロードウェイ・・・』など、トマ子の勝手に映画評論!

こんにちは~。今日は映画の話題ですよ。

最近観た映画をご紹介。

●『マイマイ新子と千年の魔法』

まずは、東京の阿佐ヶ谷駅から徒歩5分ほどの場所にある、とっても可愛い映画館「ラピュタ阿佐ヶ谷」で上演している『マイマイ新子と千年の魔法』。

一度終了したものの、熱い声援にこたえてアンコール上映中です。

トマ子Toma_ が昔、田舎のおばあちゃんの家で見た風景がそのままスクリーンに現れます。サワサワと吹き渡る稲の海セミや日暮の鳴き声真っ暗な夜。『マイマイ新子』で描いている時代はずっと古いですが、田舎の今でも変わらない(でいて欲しい)風景描写を見ただけでも鼻がツーンときてしまいました。

マイマイ新子のマイマイとは、つむじのこと。この2つ目のつむじがムズムズすると不思議なことが起こります・・・・・・?!子どもから大人への成長する最初の段階で、子どもたちが経験する自分たちではどうにもならない理不尽さ、そして純粋な友達を思う気持ち。泣かせようとしないのに、自然に涙が流れそうになる、そんな映画です。2010年1月29日までだから、急いで観に行ってね。

●『復習するは我にあり』

二本目は、東京北千住の「東京芸術センター」で上演した、今村昌平が監督、緒方拳、三國連太郎、ミヤコ蝶々、倍賞美津子、小川眞由美出演の『復習するは我にあり』

1979年の映画で白黒です。実際に起きた連続殺人事件「西口彰事件」をもとに描かれたこの映画の中で、嘘をつき、平然と人を殺していく主人公・榎津(緒方拳)には静かな狂気が感じられ、「演技なのか、はたまた緒方拳そのものなのか?」と戸惑うほど鬼気迫るものがあります。

映画は、殺人鬼である榎津が生み出された背景を見事に描き出しています。キリシタンの家に生まれ、迫害を受けて育った榎津は、その逆境に耐えて教えを頑なに守ろうとする父親(三國連太郎)を軽蔑し、同時に恐れています。

しかし、父親もまた宗教心とは別に激しい憎悪を息子に抱いており、冷淡で卑劣である息子の榎津の方がふと「人間らしいかも」と、感じる場面もある不思議な映画でした。個性的な俳優がすべて印象に残っているのも、キャストと脚本、監督が優れている証拠だと思います。

●『ブロードウェイ♪ブロードウェイ/コーラスラインにかける夢』

『幸せはシャンソニア劇場から』

さ、三本目と四本目に行きますよ。東京神楽坂の名画座「ギンレイホール」で上演していた二本です。

1500円で2本観れて、年間パスポート「シネパスポート」を買えば観放題という映画ファンにはたまらない名画座です。こんな良心的な「ギンレイホール」が無くならないように、映画好きの人にはぜひ利用してくださいね。

『ブロードウェイ♪ブロードウェイ/コーラスラインにかける夢』は、初めてカメラが世界最高峰のオーディションを撮ったドキュメンタリー映画。その過酷なオーディションに残った者は、個性とスター性、そして粘り強さと夢がある人々だった・・・・・・。ブロードウェイに出るために、3,4歳の頃からダンス一筋という生き方もあるのかと、ミュージカルといえどもバレエやオペラに並ぶ、芸術の域なんだとトマ子Toma_は感心。出演者たちを応援し、そのオーデション結果に一喜一憂する自分がいました。

さて、そして「典型的なフランス映画やな~、これ」と思わせた 『幸せはシャンソニア劇場から』。パリの下町にある小さな「シャンソニア劇場」で起こる、奇想天外?な人生劇場。でも愛にあふれていますし、単なるハッピーエンドでなく、そこはフランスの皮肉で悲哀ある人生への賛歌?も含まれていて、なかなかです。

しかし、パリっ子ってどうしてあんなに地元が好きなの?映画の中でパリ~note、パリ~note、一生ここを出たくないわ~noteと歌うんですけど、またかと思ってしまうのはトマ子Toma_だけでしょうか・・・・・・。いや、しかしこの歌、頭に残っちゃって、適当なフランス語で、お家で口ずさんいる私なんですけどね。ふふふ。

ともかく、見ごたえのある2本でした。

最後まで読んでくれてどうもありがとう! みんなも映画観ようね~。バイバイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

エステとランチ セルリアンタワーでゆったりな午後

結婚式を終えた友達がそろそろ落ち着いたかな?という頃に、女三人でのんびりご褒美にエステランチに行きましたheart04

今回訪れたのは、東京渋谷にあるセルリアンタワー内の「カージュラジャ 東急ホテル店」というエステ。

Photo

たまにはゆっくりしようと、ランチもすることにしました。

エステは3人が個室だったので、他の2人がどのような施術をしてもらったのか詳細は分かりませんが、それぞれその日の肌の調子や、肌のタイプに合わせてエステシャンの人が細かく質問し、ゆったりとした雰囲気の中で行われました。

トマ子は軽くゴマーシュもしてもらいました。

エステって肌への影響だけでなくて、癒しによる効果が大きいですよね~。

2人も、エステを終えて薔薇色の頬で、夢見心地の表情で戻ってきました(笑)。私もきっとそんな表情だったんだろうなぁ。

さて、こわばった顔の筋肉も心も?解き放たれた後は、ご飯にしましょう!

この日は、セルリアンタワーの上にある「COU CAGNO(クーカーニョ)」へ。

ここは、プロヴァンス料理のお店だそうです。大きな窓は開放があって、お天気で遠くがよく見え、気持ちいい。

Photo_3

レストラン内はほどよく混み合い、うれしそうにランチを食べる人でいっぱいでした。美味しいものって人を幸せにしますよね。

Photo_4

バターが貝の形で可愛い。天然酵母パンは噛みしめるとうまみが口の中に広がります。

Photo_11 

前菜は、お花のよう。ホタテとピンク色のラディッシュの下には、蟹の身がソースに絡んで美味でした。

Photo_6

こくのあるポタージュ。

Photo_7

お魚はふんわりと優しい味。

Photo_8

デザートはやっぱり食べなくちゃね。

Photo_9

ふわふわしたチョコムースが不思議な食感。グレープフルーツで口がさっぱりします。最後に日比谷花壇の薔薇の花がプレゼントされて、びっくり。女心をくすぐります。

Photo_13

エステとランチ、そしておみやげまであるエステプラン。皆さんも行ってみてください。女に生まれてきて良かったと思った一日でした。

Photo_14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

注目のお取り寄せ 濃くて活き活き和歌山野菜 

こんにちは。

今回は、お取り寄せに関する面白い企画があるというので、行ってきました。その名も

Sou Natural主催 『和歌山いなかやさいを食べる』 です。この下の写真に写っている野菜をお料理していただきます。

Photo

★神秘と豊かな自然に彩られた和歌山県

ではお料理へ進む前に、ここでトマ子と一緒に和歌山についてStudyしましょう。

和歌山といえば梅干みかんの産地で有名ですね。そして世界遺産への登録が決まった「高野・熊野」も大きな注目を集めています。トマ子は高野山に興味があり、宿坊の旅を企画したことがありました(ヨーヨーの仕事が入りいけなかったけど、今度絶対に行きます!)。熊野古道では、たまにおサルさんにも遭遇できるんだって。

海にも面しているため、黒潮で育まれた栄養たっぷりのお魚たちも獲れるんです。まぐろの水揚げ高が日本一という那智勝浦町も和歌山県です!

人間の手が入っていない豊かな自然と信仰に守られた、神秘的で雄大な場所なので~す。

今回の『和歌山いなかやさいを食べる』の野菜は、そんな風光明媚でうまいものいっぱいの和歌山県は串本町から届きました。寄って撮影するとこんな感じ。

Photo_2

串本の気温は温暖(1年の平均気温が18度)で、この付近は本土で唯一のハブが出る場所。また海はテーブルサンゴの生息地でもあります。

「えっ、熱帯?」

という突っ込みをしたくなりますね(笑)。

さらに水質、土壌が良いために作る野菜の味はとても濃くて美味だとか。早速食べてみましょう~。

★そのまま食べる?調理する?

この和歌山野菜をお料理してくれたのは東京都港区のお店「礼三」(港区西麻布1-4-23コア西麻布1F/(03) 5411 3929)です。

読んでいるみなさんもお腹が空いたところだと思うので、目で一緒に食べてください(笑)。
18品ほど出ましたが、スペースの関係上すべてを紹介しきれません。厳選してお届けします。では、お箸を用意してと、

カブの味が濃く、シソがアクセントに「カブときゅうりのたたき」

Photo_4

シャキシャキたまねぎの「タマネギさらし」。辛味が強くて、口の中がさわやかに。

Photo_5

鮮やかな緑のひらいんげんは、いんげん本来の青い風味たっぷり。「網焼き白菜・タマネギとロケットトマト・ひらいんげん フレンチドレッシング」。そして水にさらしただけのナスを使って、さっくりした歯ざわりを楽しむ「生ナスの辛み和え 柿のソース」。Photo_6

Photo_7

鰹出汁のジュレをかけた「中玉トマトのジュレがけ」。いろんなトマトがあるんだなぁ。

Photo_8

冬にはいっそう美味しい和歌山のキャベツを使った「ロールキャベツ 京イモ入り」。中にはジューシーな豚肉と京イモが入っています。

Photo_9

Photo_10

コロッケ大好きトマ子のお気に入り「京イモ・ジャガイモのコロッケ キャベツの千切り」

Photo_11

「たまねぎの詰め物 バターソテー」。トロ~リたまねぎと、ぐるりと巻いてあるきゅうり。上にはグリンピースとベーコンが。

Photo_12  

元気な青々とした葉とあくがなく甘さたっぷりの「ホウレン草と黒豚しゃぶしゃぶ」。ホウレン草、生でかじっても甘かった。

Photo_13


Photo_15

和歌山の野菜ってこんなに美味しかったのですね。驚きました。

和歌山野菜を食べてみたい! と思った方は、こちら「Sounatural/ソウナチュラル-おいしいいなかやさいを食べよう-」からどうぞ。社長は串本のご出身。実家にいる目利きのお父様が、厳選して買い付けた野菜を一人で丁寧に箱に詰めて発送します。

大切に育てられた野菜は美味しいだけでなく、パワーが宿っているとトマ子は思うのです。一口食べるごとに活力をいただいているflair、そんな気がした一日でございました。大変おいしゅうございました。ごちそうさまです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

写真が暗いぞ! トマママからのクレーム発生

トマ子の母=トマママは、ズバリ とモノを申す人です。

先日、トマ子が実家のコタツでゴロゴロモグモグしていたら、普段は娘のブログなんてちっとも見ない母なのに、← ココ注目 チラリと見たようで

最新記事(落合シェフフェアの記事)の写真。暗すぎ!」

とのお叱りをいただきましたcoldsweats01。 ズドーン。

す、すみません。

だって店内照明が暗かったし、カメラが壊れて古いの使ったんだもん。アータラコータラ

「え~大げさだな、もうマミーったらっ gawk

と、他のパソコンで記事を見たところ、

絶・句ギャーボーっ ←ショックのあまりパクリ

「こ、こ、この写真の暗さは、な、な、何? what?????」 ←自分で作業したくせに

はい。すみませんでした。本当にすみません。見苦しいお写真でございました。土下座。

ということで、明日にでも お写真メンテナンスをしたいと思いますですheart01。それから、新しい記事(美味しい野菜関係 ウフフ)もj近日掲載しますので、どうぞご期待ください!

またね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

落合務シェフフェア ニューオータニでイタリアンな夜

12月の慌しさがはるか遠くに感じる1月でございます。トマ子は仕事は忙しいのですが、何かフヌけたお正月ボケのままに日々を過ごしているのでした。

今日は12月のきらびやかな、とある一日を思い起こし書いてみます。いや~、12月はよく食べたなぁ。

今回ご紹介するのは、ホテルニューオータニ開業45周年記念で開催されたshine落合務シェフフェアshine

イタリアンの名店「LA BETTOLA」の落合シェフは、ニューオータニ出身です。その古巣で2009年12月12日~22日まで11日間、盛大に行われたこのフェアにトマ子は縁あって2回行くはずでした。

一度目はお友達とランチ。二度目は仕事?でディナー。

と~~こ~~ろ~~が~~~~~

ものすっごく楽しみにしていたランチの方は、前日から体調を崩し、イタリアンどころか何も食べられない状態になってしまったのです。

日ごろの行いの悪さでしょうか(涙)。オーマイガー!

この日に会う予定だったのは学生時代の友達で、久し振りに会う子ばかり。だから落合シェフの料理が食べられないっていうよりも、友達に会えなかったのが悲しかったcryingそして悔しかった。家でお布団にくるまりずっと寝ていましたよ。悲しすぎる。

そして数日後、もう一つ予約していた夜の部へと行きました。この日はランチをキャンセルした日から数日経っており、体調も良くなって食べられるようになっていました。ほっとしただに。

では、お料理をいくつかお見せしましょう!

クリスマス前菜の盛り合わせ

Photo_15

左に見える赤い実のようなものを拡大すると・・・・

Photo_16  

とっても小さいトマトでした。こんなにかわいいのに風味があっておいしい。

生うにのパスタ キャビアのせ

Photo_17

甘鯛のうろこ焼き 松茸と菜の花スープソース

Photo_18

タリアータ

Photo_19  

温泉メロンとあまおうの葛餡かけ クープ仕立て

Photo_20

温性チョコレートとゼリー

Photo_21

など、ご紹介してない品も含めると全11品、15750円なり。この品数と内容で、やっぱりイタリアンはお手ごろです。

トマ子は生うにパスタと、ここに写真はないけれど黒トリュフのリゾット、そしてデザートの温泉メロンとあまおうの葛餡かけには、唸りました。もう一皿ずつ食べたいくらい。

落合シェフのお料理を食べたのは数年ぶりでしたが、やっぱり美味。そして繊細で美しい料理は健在でした。

一足早いクリスマスを楽しみました。今度は体調を整えて、おいしいものを食べに行くぞ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

誰もが痩せる その名は●知らずダイエット

shine痩せるshineという言葉に惹かれて来てしまいましたか?(フフフ)

でも、確実に痩せるんです。

今日は99%の方が痩せる方法heart01を教えて差し上げます。

それは

ドルルルルルルルルルルルル ←ドラムの音dash

ババ~~~~ンbomb(銅鑼の音)

親知らずhappy02ダイエット!!!ですっ

<このダイエットが可能な条件> ←はい、注目~っ

その1:あなたのお口にまだ抜いてない親知らずがある

その2:抜こうと思っていても、まだ躊躇している

その3:しかし「抜きたい!」いや、「抜いた方がいい」と歯医者さんなどに言われている。

その4:下に生えている親知らずがベター

え~、この4条件があれば、このダイエットは可能です。オホン。

親知らずが正常に生えているならば、それほど抜歯の必要性がないかもしれません。

が、親知らずは虫歯になりやすく、しかも横に生えて前の歯を圧迫していたり、体調が悪いと親知らずが痛むもいらっしゃるとか

さらに妊婦になると口が酸性に傾くらしく虫歯になりやすいので、妊娠前に抜くなんて方もいらっしゃいますね。

さ、次に親知らずをどこで抜くかですが、腕の良い歯医者さん、あるいは大学病院などの口腔外科がお勧めです。

トマ子Toma_ は口腔外科で抜きました。埋没していて横に生えている左下の親知らずでございました。

「親知らずがアゴの骨に達している」などといった特殊な方は大掛かりな手術となりますので、信頼できるお医者さんによ~く相談してくださいね。

親知らず抜歯を、なめてはいけません。時に死亡する方もいるんですよ!!

ところがどっこい、トマ子Toma_は「抜歯」と思っていたし、忙しくてヨーヨー業が休めなかったために、翌日に仕事へ行きました。痛かったけどね。

そして翌日から2日目がピークと言われる腫れが、そのまんま当てはまり、会社に行ってすぐ「weep 帰ってもいいれふか?(直訳:帰ってもいいですか) 涙目」と言って、帰宅しましたとさ(みんなの哀れむ視線が痛かったsweat01)。

とにかく顔が腫れちゃって、大きな顔になってしまったのだよ・・・・・・・・。

親知らず抜く前に用心のために抜歯後2日くらいはお休みとっておいたほうがいいよ~。

そうそう、それでね、抜くともう何にも食べられません

特に下の親知らずは大変です。抜糸まで1週間くらい。最初の3,4日は固いものなんて全然食べられないし、食欲湧かないし。

トマ子Toma_、1週間で3キロくらいsign03痩せました~。

そう!、食べられないから痩せるので~す。ぜひ、みなさんも不要な親知らずがあったら抜いて、すっきり痩せましょう。

え、詐欺?いや、詐欺ではないですよ。だって本当に痩せるって他の子も言ってたも~ん。

では、またね~。

追伸:お正月でまた体重は戻ったけどね~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

AVATAR(アバター)見ました? トマ子の勝手に映画評論

お正月は食べ正月、寝正月になっているトマ子です。

お雑煮と栗きんとん、伊達巻にかまぼこに、数の子に・・・・。好きな御節だけで食べて、昼夜問わずにモグモグしていたらすっかり丸くなってしまいました。坂は転がっていった方が早いよ~。

明日からダイエットしないと。

えー、今回は映画のお話。お正月は映画は穴場なんですよ。空いてます!

トマ子は話題の超大作『AVATAR(アバター)』に行ってきました。この映画を撮ったのは、かの有名な『タイタニック』の監督、ジェームズ・キャメロン氏ですよね。

はっきり言って、ものすごい先入観があり、「アバター?なんかぱっとしない名前だなぁ」と、全く興味がなかったのですが、ある有名な日本の監督が「この映画を観て『映画がここまできたか!』と思いました」なんて語っているものだから、ちょっと気になり始めたのです。

そこで、田舎から帰って来た隣のホロニガくんを誘って(あげて)、行ってきました~。彼、暇そうだったから。

3Dですので、入館する際にはプラス300円を払い、3Dメガネを借ります。ところで前も書いたけど、日本って映画高すぎじゃね?北米は400円くらいから観れるんだってば。安くして欲しいだわさ。

・・・・・・・・・・・・閑話休題・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、見終えた感想ですが・・・・・・・・・

CGだけどCGだと思えない壮大な風景が圧巻です!!(観れば言っている意味が分かると思う)。こんな場所、どこかにある気がする・・・・・!

そして最後まで飽きさせないストーリーと、風景の細部の作りこみに執念さえ感じました。

なんというか、予算が日本とは全然違うんだよね~。お金、何百億円ってつぎ込んでいそうだなぁと、アメリカのでっかさを感じました。エメリッヒ監督の『2010』もそうだったなぁ。

最近観た日本映画は『沈まぬ太陽』でしたが、日本映画は映像のスケールというより、ヒューマンドラマで魅せるものでハリウッドと単純に比較するものではありませんね。

『沈まぬ太陽』は、それはそれでとても良かったです(映画より原作の方がスケールが大きいので、ぜひ山崎豊子さんの本を読んでから観ていただきたい)。『アマルフィ 女神の報酬』もまあまあでした。

日本映画も大好きですので、じわじわっとくる、心のひだを直撃するような(←使い方、間違っている)映画をどんどん作ってもらいたい。

今、注目しているのは『食堂かたつむり』、そしてジブリの最新作の小人ものです。

特にジブリの最新作は早く観たいよ~。

では、今日はこのへんでバイバイ。

あ、AVATARの公式ホームページはコチラです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

寅まんで、2010年 あけましておめでとう

fujiあけましておめでとうございます!shine

今年もどうぞよろしくお願い致します。

と、いうことで、さっそく今年の干支「寅」にちなんだ、大人気???の「寅まん」ガルル~っ pout を掲載!ドドーンっ!!

P1040475

あ、あれ?sweat02ぶ、ぶさい・・く・・・・・・・?

ちょ、ちょっと、広告用の写真とだいぶ違ってフニャッて、弱々しい寅catではありますけんれども、寅は寅ですから(汗)。

今年も、この「寅まんheart04のように、ゆるく行きたいと思っています。よろしくね~。

寅まんデータ:フツーの肉まんです。寅の顔をがぶりと食べると、たけのこいっぱいの肉まんの中身が現れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »