« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

ミニチュア大好き 「ドラッグストア プチトマ」オープン!

【09年8月10日新発売】リーメント ハローキティおうちごはん 380×(8×12)96入 ひとまずペルー巡業日記は、今回はお休みです(また次回にアップするよ!)。息抜きに、トマ子コレクションの中から、ドラッグストア編をお店いたしましょう。じゃなかった、お見せいたしましょう!

ミニチュア大好きなプチトマ子。中でもお気に入りは、ぷちドラッグシリーズだす。

「大人で良かった~!」と、大人買いする私なのでした。

箱は、こんな感じ。

Photo_2

ハサミと比べて。カワイイドロップとか、龍宮散など、名前にも注目。

Photo_3

シャンプーハットに、大黒ココア(黒豆ココアをもじったもの)、髪留めにシャンプーハットはいかが~。温泉の素もあるよう。

Photo_4

ボールペンと比較。

Photo_5

では、さようなら~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

トマ旅in南米ペルー③ 鉄道大好き!乗って食べて景色を楽しむペルーレイル

<今日の一枚>

電車ってほんっとにいいですね~。マチュピチュ~クスコ間を乗車した、青いお上品な電車ペルーレイルです。

Photo

sun 真っ盛り!!ヨーヨー最盛期!

今売らないでいつ売るんやhappy02 って季節がやって来ました~。毎日、ヨーヨーをプシュプシュと空気と水入れて作ってます。はぁぁぁ、暑いな~。夏祭りで頑張って売るぞ~。

あ、そうそう。今回はペルーの話題でしたね。

鉄道大好き、でもよく知らない半端な鉄子・あらためToma_ トマ子です。こんにちは。

トマ子、ヨーヨー巡業の旅で前回ペルーのリマから飛んでクスコへやってきました。クスコで少し身体を慣らし、次に観光の聖地?マチュピチュへ行くべく大好きな鉄道に乗ることになったのよ~。

「マチュピチュで絶対にヨーヨー売ってやる」と鼻息も荒くpout dash、やる気もマンマンで向かった駅です。

クスコからマチュピチュに向かうと言いましたが、この駅よりも上あるいは下の駅までバスで移動し、混雑を避けて乗車するって技もあります。トマ子も確か、クスコから最寄の駅ではなく、その次の駅から乗ったなぁ。

駅に到着~。はぁぁぁ、駅っていいなぁ。思ったよりも小さめの駅。この写真は駅の中から、ホームへ行く扉を写しています。

Photo_2

このペルーレイルは大きな収益を上げています。各国の観光客でいつも大賑わいなの。

トマ子は、この日、ご飯が食べられるheart04上等な電車に乗りました。ペルーレイルにはいくつか種類があり、

1ご飯が食べられる全席指定の電車
2指定だけれどシートのみの電車
3全席指定ではなく地元の方も乗るふつうの電車

などに分かれているようです。この辺の情報はアバウトなのでトマ子を信用しないでね~(笑)。トマ子は帰りはシートのみの電車に乗りました。

Photo_3

さて、車内のお話に戻りましょう。メニューは絵心artがあるかわいい表紙。鉄道ファンなら感激することでしょう。日本のレトロチックな絵みたい。お花も紫で素敵。気分が高まります。

Photo_5

電車でサーブしてくれたペルーレイルのお兄さんです。

Photo_6

ご飯の写真は朝食restaurantです。チーズハムバター紅茶やコーヒーcafe ジュースなどの冷たい飲み物デザートのチョコレートマフィン。ここには写ってないけど、パンbreadが後からサーブされます。うんうん、美味しいなぁ。モグモグ。

Photo_8

時間帯によってはランチやディナーもあるのかな。調べてないけど、ディナーなども気になりますね。

車内は世界中から観光客が集まって、賑やか。

インカ道shineインカ時代からあるshine山あいを通っている生活道。その道は幅1mのないところもザラの山道です。平地から高山までずーっと下から何キロも続いている)を通りながら、途中キャンプや宿泊施設に寄り、歩いて来る方もいます。

歩くと遺跡がマチュピチュ以外にもたくさん見られるとトマ子ママがもうしておりました。トマ子のママは以前、歩いてマチュピチュまで行ったことがあるのです。

さて、世界の車窓から・・・・・・ならぬトマ子Toma_の車窓から。う~~~~~~ん、景色は素晴らしい!の一言に尽きます。

Photo_9

この景色を見ている心が洗われてtyphoon、小さなことにクヨクヨしている自分がバカらしくなります。途中、山頂の雪が見える絶景ポイントlovelyや遺跡など見ることができ、贅沢な電車の旅でした。ちなみに、マチュピチュからの帰り道は真っ暗な闇の中を走る幻想的なsagittarius景色です。

そんな電車旅も3時間から4時間くらい乗って終わります。マチュピチュの駅に着きました。

Photo_10

うわぁ暑くて、これじゃ日射病になっちゃう。日焼け止め、虫除け、帽子も忘れずにね。トレッキングするときの格好がオススメです。ブドウ糖補給のあめと水分も持ちましょう。

駅からバスに乗って30分くらいすると、マチュピチュ遺跡の入口へ到着。ここで入場料を払って、いざマチュピチュへ。

Photo_12

次回は、マチュピチュの遺跡と知られざるマチュピチュ駅周辺の街をご紹介します~。
アディオス。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

トマ旅in南米ペルー② 本当の青空は、クスコにあり

<今日の一枚>

飛行機でクスコに来た。いや~、青空マニアなプチトマ子は、空を見ただけでクスコが大好きになりました。クスコにお嫁sagittariusに来てもいいですか?

Photo

隣のホロニガくんが、いつもは読まないくせにこのブログのペルー旅行だけは読んでいるらしい。ベランダでトマ子がプチトマトを観察していると、隣のベランダで洗濯物を干しながらホロニガくんが話しかけてきた。

Horo_ 「(靴下を干しながら)トマちゃん、早くクスコ編書いてよ~。僕、クスコ行ってみたいんだよね~(夢見る目のホロニガくん)」

Toma_ 「ふーん・・・・・・・・・・・・。ま、気が向いたらね」

Horo_「え~~~~! ケチ~~!!」

Toma_「早く自分で行けばいいじゃん。ほら、靴下さっさと干さないと乾かないよっtyphoon

・・・・・・・数日が経過・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、いうことで、気が向いたのでshine今日はクスコ編を書くことにしまっすheart03

クスコの空港では、民族音楽でお出迎え。気分が盛り上がりますな~。ぴらーりらりーらりーらりーら~note(「コンドルは飛んでいく El Cóndor Pasa」などを演奏)

Photo_2

そして、外はこんな青空!青い色が目に染みて、紫外線もお肌に染みました。ここ、かなり紫外線が多いですから、旅行する方はバッチリUVケアしてね。

Photo_3

路地も石畳で赴きがあります。散策は楽しい。空気が薄いから走っちゃだめですよ!

Photo_4

クスコ市内も世界遺産です。サント・ドミンゴ教会、サクサイワマン要塞跡に行きました。これはアルマス広場の建物。市庁舎だっけかな?

Photo_5

アルマス広場に行くと、日本人観光客がたくさんいました。こんにちは~。

Photo_6

さて、ホテルへ。

Photo_7

食いしん坊読者さんのために、ホテルの朝食を披露~~~。ここのホテル、最高によかった。
設備も食事も。

Photo_8

フルーツたっぷり~

Photo_10

Photo_11

シェフはニッコリbud。オムレツを作っていました。

Photo_12

Photo_13

トマ子はペストリーやミートパイheart04など食べまくりました。このホテル、また泊まりたい。

クスコはまた機会があれば行きたいな。やはり標高が高いと苦しいけれど、空の色と空気の清々しさは別格で、言葉では言い表せないほどだよん。

次回は鉄子なトマ子がマチュピチュ行きの電車をレポート。そして、ついに憧れのマチュピチュ遺跡にたどり着きます。乞うご期待!

<番外編>

これが噂のセビッチェhappy02です(付け合せに大きなトウモロコシがついていた)。ペルーのいろんな場所でセビッチェを食べましたが味が微妙に違い、面白いよ!

生のお魚玉葱トマト香草が入り、食べる前にレモンをギュッとしぼります。さっぱりしていて本当に美味。日本人の口にも合いますし、暑い国にぴったりのヘルシーで爽やかなお料理です。

Photo_14

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

トマ旅in南米ペルー① トマ子も飛んだナスカの地上絵

<今日の一枚>
ペルー風パエリア
スペインの植民地だった影響が食文化にも色濃く残っています。辛いソースをかけて食べるのも美味しい。魚貝の風味たっぷりでした。
Photo



ブエノスディアス
heart01

トマ子はヨーヨー巡業に南米のペルーに行ってきましたよ~。ヨーヨー売りは今や世界をターゲットにしているのだ。

しかし、あなた南米ってのは遠いのよ。実に遠い

トマ子はairplane成田→ヒューストン→リマ(ペルー) と乗り継いで行きました。そうね、だいたいヒューストンまでが13時間くらい、そしてペルーまでが6時間くらい飛行機に乗るわね。そして、アメリカでの乗り継ぎの時間も2~4時間と幅があるので、それを含めるとだいたい24時間は移動に費やしますcatface

なが~sleepy

足は浮腫むし、退屈だし、眠れないし で、長旅はきついわぁ。でも、これもヨーヨーのため。

それでは、さっそく業務&ついでに観光もしたわよtyphoon報告をしたいと思います。

最初の巡業の地は、ここです。じゃ~~~ん
Photo_2
世界遺産
crownで有名な「ナスカの地上絵」があるナスカです~。ナスカっていうのは地名だって知ってましたか?
こういうところには観光客もワンサカいるから、ヨーヨーもきっと・・・・・・・・ジュルリ(←売れることを思い浮かべて、ヨダレが)と、行ってみたの。

まずはミラドール(展望台)へ。

Photo_3

ミラドールに下には、地元ナスカのお土産売りさんがいました。彼は正真正銘のナスカの石(その辺にたくさん転がっている。つまり材料費は無料ってことだ)に、地上絵の動物たちを彫刻したキーホルダーなどを売っています。安いし、ここで買ったら確かにナスカの石だから?本物ですよ。お土産としてはオススメです。

一応、商売敵?なんだけど、ヨーヨーも観光客の皆さまに珍しそうには見てもらったから、いいとします。

おっと、ここまではるばる来たのだし、忘れずに観光flairもしなくちゃね(そそくさと風呂敷にヨーヨーを詰めて店じまいっと)。

Photo_4

ミラドールへ登ると、ほほぅ~すでに「ナスカの地上絵」が見えちゃうではないか。太陽の角度の問題で、おそらくよく見えるのは夕方。暗くなる前に観光してね。

翌朝

Photo_5
眠い目をゴシゴシとこすり、早起きして、今度は小型飛行機から「ナスカの地上絵」を見てみました。パイロットの人が絵の上に来ると教えてくれるので、トマ子は全部ばっちり見つけることができました。

個人的には地上絵の「宇宙人shadowが好きです。ハニワちっくで可愛い。ハチドリは芸術的だったな~。ここで、ワンポイントアドバイス!飛行機乗る前には酔い止めを忘れずに。飲まなかった人は気持ち悪いと言っていましたよ。可哀想に。

ここでナスカでのトマ標語を。「飲んだら乗れよ、乗るなら飲めよ」

Photo_6

次は、ヨーヨーを担いでワカチナ湖fishへやってきました~。砂漠の中に現れたまさにオアシスaquariusです。

Photo_7

ほら、右側に見える小さな虫みたいなのは、人間runです。すごい砂の山でしょ。

ここでは車に乗って砂漠の中を走るオプションも用意されているんですって。かなり楽しいらしいよ。トマ子は乗ってないけど。

Photo_8

では、次回はリマから飛行機でひとっ飛び、クスコでのレポートです。高山ですので、青い空がそれは素晴らしい場所!ではでは~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »