« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月28日 (水)

じっくり焼いてアツアツを!  お庭で七輪の会

ジュ~っ。バチバチっ

Photo_3

ご近所さんが七輪の会happy02をするというので、遊びに行きました。七輪の会というのは、お庭golfに七輪を出し、持ち寄った食料などをjyu-jyu-焼きながら、お酒beerを飲んだりして語り合う?会なので~す。

焼き物だけではなく、その他の美味なるものもheart04集まるので、トマ子Toma_ はいつも行く機会を狙っています。

ですが、なかなかヨーヨー巡業があって参加できないのよねぇ←ボヤキ

この日は、トマ子Toma_が出掛けようとご機嫌shineで玄関を出たら、ばったりゴミ捨てに出たホロニガくんHoro_ に遭遇。ということで、仕方なくホロニガ同行。

Horo_「トマちゃん、僕達、手ぶらってわけにもいかないんじゃない?お魚買おうよ~~」

Toma_「ちょっと~、私はちゃんと用意してきたわよ。お野菜とガンモ、北海道からいただいた秋刀魚の糠漬けを持って行くんだもん」

焼いたガンモで証明の図↓

Photo_4

Horo_「あ、手ぶらなのは僕だけ・・・。じゃあ、美味しいと評判のflair “魚 安” さんfishに寄っていこう!」

というわけで、魚安さんへ行きました。

毎朝築地で仕入れる魚はもちろん新鮮!そして店先では干物を干しています。

「うちはね~、鮮度の良い魚を仕入れると、干物にするんですよ。干物はうちで作らないと塩加減がしょっぱすぎるものが多いからね」とご主人。旬の魚ネタや料理方法など教えてくれるので、トマ子はここが大好き。ここを含め、魚屋さんで大好きな店は2店ほどあります。

ところで、ホロニガくんはここでeyeメヒカリ、などを購入していました。

七輪の会へ行くと、もうすでに始まっていました。みんなフラリと来て、フラリと帰っていく、とても緩くて心地よい会lovelyなのでございます。

ほうらね、ネギも真っ黒Photo

しかしですな、食べるときはこの真っ黒の皮を向き、shine中のとろ~りとした白い部分shineを食べるのです。魚だって、備長炭で焼いてそれはもう香ばしくて美味しいったらheart01

砂肝だってエリンギだって焼いちゃいますよ。

Photo_2

メヒカリもね~。

お酒も飲んで、パチパチいう七輪を囲んで、モグモグ、しーん。ペラペラ、パチパチ。

七輪師匠の一言「結婚(生活)ってのはね、妥協だからね~」

Toma_トマ子、その他大勢 :ふむふむふむ・・・・・。もぐもぐ(「そうなんだろうな~」←皆の心の中)

好きに食べて、焼いて、笑って、つぶやいて。冬の夜は更けていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

チョコとケーキでうっとり 幸せな聖夜(季節はずれ)の巻 

 ずーっと探していたクリスマスの写真xmasがやっと出てきたので、アップしますcoldsweats01

トマ子がクリスマス・イブにボーッと家にいたら、クリスマスケーcakeがやってきました~。

じゃじゃ~ん。今年のケーキはザ・ペニンシュラ東京のクリスマスケーキです。わ~い。ケーキ大好きheart04

Photo

しかも、正当派って雰囲気。クリームと苺がたっぷりです。食べてみたら、しっかり甘いけれども、口の中にさわやかな甘みが広がります(そよ風みたいな?!)。

そして、がこれでもかってくらいに入っています。うーん、幸せ。

もう1つ、プレゼントにお花をいただきましたよ。クリスマスっぽいアレンジhappy02ですね。コットンの木が可愛いなぁ。

Photo_2

さて、時期を同じくしてやってきたチョコレートもご紹介。サントリーとロッテのコラボ商品である、このチョコレートは、アルコールが強すぎずに品の良いお酒の香り。

商品名は

シングルモルトウィスキーチョコレート 山崎12年

Photo_3

美味しいので大事に食べて、毎日二粒ずつしかいただきませでした(笑)。リッチなチョコには、リッチなお酒が似合うかも。どうぞお試しあれ~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

本格派パキスタン仕込 1から手作りカレー

寒い冬に食べたくなるのが、シチューカレー類。私は今までルーを使って作っていました。そして、それでも

手作りだもんねcatface」と威張っていましたよ。

しか~し、知り合いの家に遊びに行ったとき、そのお家のママbud若かりし頃にパキスタン料理留学?のため滞在し(「はっ?パキスタンに料理留学って何者?」byトマ子心の声)、そこで教わったというshine本格派カレーshineをトマ子に作ってくれたのだ。

Photo_4

これがまた

本格派のルーなんて使わない restaurantカレー なのですっ!!flair

みなさん、思い出してください。私達の言う「本格派カレー」って、小学校の家庭科などで習った、小麦粉とバターを炒めて・・・というのではありません?(懐かしいなぁ)

Oh、No,No~!!!ng

チッチッチ(指をフリフリ)

それは、違うありま~す(外人風に発音)

友ママ(友達のママの略)カレーはですね、小麦粉は使いませ~ん。タマネギを大量に使うのだそうです。そして、肉を入れるなら、「トマちゃん、骨付き肉にしなさいね。骨付きよ!dog」と教わったのです。

カレー粉なんざ使わないのだそうです~。

ひえぇ~~~~~~、そんなカレーあるんかい!

友ママが言うには、タマネギを気が遠くなるほど炒めて、あらゆるスパイスを入れて煮込むのだそうです。塩は岩塩を使っているそうです。

ここで言う、あらゆるスパイスってのは、チリーペッパーターメリックなどらしい。よく分からないけど、すごいたくさんの種類のスパイスが台所に並んでいたから、あれらを惜しげもなくバンバン使うみたいよ。

そして、できたのが、これらです。

パンパンカパーン!crown

骨付きチキンのカレー

Photo

ひよこ豆のカレーchick

Photo_5

友ママ手作りの本格派らっしー うま~heart04写真傾いていてすみません

Photo_6

写真見ただけで、思い出してヨダレが出そうです。おいしかったわぁlovely。カレー粉使わなくてもこんなにおいしいカレーができるんですね。手間はかかるそうですけれど。

また、友達の家に遊びに行こうと企み中で~す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

トマ子の勝手に映画評論!  「レッドクリフ」

新年あけましておめでとうございますfuji

今年もよろしくお願いいたします。

え~長らくヨーヨー巡業に出ておりましたために、更新が滞り・・・・ゴニョゴニョ・・・・・・catface

・・・・・・・・・・・・10分経過・・・・・・・・・・・・・・・

(言い訳終了)

では早速、新春一本目の記事に行ってみましょう!今回は昨年観たジョン・ウー監督Red Cliff レッドクリフ」について書きま~す。イキナリ キョネン ネタsweat02

この映画、大ヒットしましたから、すでにご覧になった方も多いのではないでしょうか。「レッドクリフ」とは、『三国志』に出てくる「赤壁の戦い」のことです。

オープニングのCGから壮大な物語が始まる予感がして、ウッキウキflair。そして、最後まで飽きさせない話の展開、多くのエキストラ(さすがは人口大国、中国geminiの映画だわ~。エキストラはケチらずに大勢使っています)、CGを使った船の映像など、まさに

shine大 作shine(notダイサク)」

の匂いがプンプンです~。

キャストも豪華ですよ。

孔明が金城武周瑜がトニー・レオン曹操はチャン・フォンイー(チェン・カイコー監督『さらば、わが愛〜覇王別姫』の主役!)が演じております。

曹操の憎たらしさが顔や態度にも出ていて、さすがの名優goodチャン・フォンイー!!

見ものはそれだけではありません。戦闘中のの使い方(思いっきり倒れていますcoldsweats01)、戦闘シーンなど、ああいう大胆な映画は、(あらゆる意味で)もう中国でしか撮影できないのではないかと思う迫力thunderです。

ただ~し、トマ子残念に感じたのは、このPARTⅠは「レッドクリフ(赤壁の戦い)」という映画名なのに「赤壁の戦い」ではありません!何を言っているのか観た人にはわかりま~す。観ない人にはチンプンカンプンかもしれませ~んが、知りたければ観てください(笑)。

さて、トマ子が観たのはPARTⅠでした。4月10日からは、待望の「レッドクリフ PARTⅡ」が上映されます。私は観るつもり。

「赤壁の戦い」が観たいしね~←しつこいトマ子。

最後に、この映画のキャストについて一言・・・・・、

heart03孔明がかっこ良過ぎる!lovely

相変わらず、かっこいいです金城さん。でもちょっとお痩せになっているような気も。本物の孔明とは、かなりイメージが違うけれども、スクリーンに登場するたびに女性陣の目がはぁとheart04になっておりました。

小喬(役の女優さん)はきれいですけれど、役作りが必要以上にエロい・・・・。トマ子の気のせいでしょうか(いや、ああいう余計なエロさは、ない方が良いと思う。キッパリ)。

映画は大好きなので、またヨーヨー巡業が終わったら、いろいろと観てレポートします。今年もよろしくね~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »