« 目が光っています 銀座小十 | トップページ | ホロニガ日記☆ 大勝軒 ほぉぉぉぉぉ~!いやっっっほーい! »

2008年12月18日 (木)

トマ子の勝手に映画評論! スティーブン・キング原作  「1408号室」

 スティーブン・キング原作の映画が封切りになると、ほとんど観に行くトマ子です『シャイニングのような、原作も映画(映像)も素晴らしい映画は、なかなかないのですが毎回期待して映画館に向かいます。

トマ子は目が悪いので、テレビはあんまり好きではありません。ほとんど見ない。だからDVDとかビデオとかも見ないです。仕事でどうしようもない時だけ見ますけど。なので、いつも映画は映画館で観るようにしております。

テレビ見ないから、完全に世間からは遅れてま~す!マズイけどま、いっか(笑)

さてさて、1408号室のあらすじでございますが・・・・・・・・・・・・・・・

主人公のマイクはオカルト作家で、NYのドルフィンホテルに取材に訪れます。そこは56人もの自殺者が出た部屋。神も幽霊も信じない彼は恐怖心なく部屋へ入りますが、次々と奇怪なことが起こり・・・・・・・。

部屋は彼の過去を引っ張り出し、心の弱さに付け込みますが、そのことによって彼の正気が保たれています(と、トマ子は思うのよ)。

弱さは強さでもあるなぁと感じた私。

幻影か果たして本物か?ラストシーンの「幻影の中の本物(音)」に、オチのうまさを感じます。

公式サイトはこちら 1408号室

映画情報はこちら goo映画 

|

« 目が光っています 銀座小十 | トップページ | ホロニガ日記☆ 大勝軒 ほぉぉぉぉぉ~!いやっっっほーい! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トマ子の勝手に映画評論! スティーブン・キング原作  「1408号室」:

« 目が光っています 銀座小十 | トップページ | ホロニガ日記☆ 大勝軒 ほぉぉぉぉぉ~!いやっっっほーい! »