« 飯塚市で発見 Pierre-blanc(フランス料理) | トップページ | トマ子の勝手に映画評論! 「最後の初恋」 »

2008年10月 9日 (木)

蝉はなくし、日差しは強い 太宰府天満宮へ

受験生の中3だったころ、担任の先生はまだ若く、初めてクラスを持つ担任ということで不慣れな中、一生懸命に頑張っていました。

  ある日、先生はクラスのみんなに大宰府天満宮まで行って天満宮鉛筆をお守りに買ってきてくれました(トマ子の中学は東京。九州の大宰府は遠かろうと感激したな)。今では懐かしい思い出です。

受験会場に、この鉛筆をみんな持って行ったんじゃないかなぁ。

そんな20代の女の先生に、私達3年B組は卒業式で一人一本ずつバラをあげたんですよ~。一言ずつ言葉を添えて

洒落たことをしましたよ~ 私たち(笑)。

先生は号泣していました。

そんなわけで、トマ子にとって大宰府天満宮は一度は行ってみたい場所でした。

Photo

今回、九州にふら~りミニ旅をする予定が出来たので、「絶対、大宰府天満宮行くぞ~」と、硬い決意をしていたのでした。

それにしても、九州はめちゃめちゃ暑かったよ~も大合唱(9月)。この日はたぶん30℃以上だったのではなかろうか。

Photo_6

日差しが強いので、天満宮の駐車場に着いたときは「雨傘でもいいから差そうかしら」なーんて思いました。結局日陰を伝って忍者のように歩きましたけど。

敷地に入ると、建物の赤い色が見事にマッチして、それは清々しい空間でした。もう一度行きたいなぁ。

太鼓橋を渡って、本殿の方へ。

Photo_5

太宰府天満宮は、ほどよく観光地化されている華やかな場所なんですね。鯉たちもテップリ太っているし。春になれば、後ろの梅園がきっと綺麗なんでしょう。

1_2

暑さでぐったりしたトマ子は、近くの茶店で宇治ミルクのカキ氷を食べました。

Photo_7

これが今年最後のカキ氷。そして、友達が頼んだ梅ケ枝餅セット(2つ、ついていた)のお餅を一ついただきました。

Photo_8

うむ。お茶と梅ケ枝餅は合いますな。

思えば遠くへ来たもんだ と、青い空を眺めたのでした。

|

« 飯塚市で発見 Pierre-blanc(フランス料理) | トップページ | トマ子の勝手に映画評論! 「最後の初恋」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

太宰府にもいらしたのですね。私も塾の生徒たちに以前お守り買いに出かけました。
だから、そのときの生徒たちは凄く思い出に残ってます。バラの花を頂けるなんて洒落たことはございませんでしたけど(笑)。

投稿: | 2008年10月10日 (金) 09時28分

>匿名さん
教え子にお守りを買うなんて偉いですね。きっとその子たちも先生のこと忘れませんよ。いい思い出となっていることでしょうね。

投稿: トマ子 | 2008年10月11日 (土) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蝉はなくし、日差しは強い 太宰府天満宮へ:

« 飯塚市で発見 Pierre-blanc(フランス料理) | トップページ | トマ子の勝手に映画評論! 「最後の初恋」 »