« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月)

魚と野菜はやっぱり北海道!

札幌のとある居酒屋さんを紹介。こちらは親戚の家のご近所さんで、親戚夫婦の行きつけのお店。

1

お店のショーケースには、魚がババーンと大胆においてあります。青魚が綺麗shineに並んでおります!思わず「うわ~、この秋刀魚綺麗だなぁheart04」とつぶやいたトマ子でした。

Photo_2

もちろん、お刺身も本当に美味しい。あぁ来てよかったな~北海道。新鮮な食材ばかりです。

1_2

1_3

そして、次の日。従姉妹がですね、私が留守の間に3時間くらい車carで遠出をし有機野菜をたくさん買ってきてくれました。その日の夜は、私と一緒にご飯を作るからです。

じゃじゃ~ん。この野菜たちは、まさに生産者のhappy01が見える野菜たちです。売っていたおじさんが、いっぱいおまけもしてくれたって言ってました。

Photo_3

まずは鮭とブロッコリーのグラタンです~。ホワイトソースから作りましたよ。これは、自分(たち←二人で作った)で言うのもなんですが、とてもとても美味しく出来上がりました。従姉妹はちゃんと玉ねぎで鮭の臭みを取って調理してくれました。

Photo_4

そして、サラダ~。この日は和風ドレッシングにしてみました。

次にガスパッチョ。トマトを丁寧につぶして、ピーマンニンニクレモンなどと混ぜ混ぜします。さっぱりしているので、食欲がないときでも食べることができますよ。野菜の食感を感じたければ、すりつぶしたままで、裏ごししなくてもいいと思います。

山ワサビという珍しいワサビも従兄弟が購入してくれたので、これを使用して きゅうりの胡麻と山ワサビ和え。ピリッと辛い。

Photo_5

おっと、それから生の ぼたん海老 を買ってくれたので、塩焼きに。シンプルが一番美味しかったりします。

ふ~。愛情と手間暇かけたお料理を食べることが出来ました。北海道、満喫しました~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

トマ子の勝手に映画評論! 「グーグーだって猫である」

小泉今日子さん主演の「グーグーだって猫である」を観ました。

トマ子は猫好きというよりも犬好きなんですけどheart01、この映画の猫は本当に可愛いですcat

映画にはサバグーグーの2匹が出てきます。どちらも個性があって、で何かを訴えている(笑)。

映画の表題にはグーグーという名前が入ってます。でもやっぱり主役は天才漫画家麻子役小泉さんですね

最近映画で活躍されている今日子さんは、台詞の読み方に特徴があるというより、微妙な表情catfaceが上手だなぁと思います。照れ屋で、派手なことが嫌い。そして優しい麻子さんの性格をよく表現しています。

「人を幸せにしたい」と思ってマンガを一心に描いてきた麻子さんが猫や恋などを通して自分を振り返る時、何が見えるか。

最初は起承転結があまりなく、のんびりした映画だなぁと観ていましたが、途中から麻子さんに様々なことが起こり始めます。

平凡な毎日、幸せな毎日が続いて欲しいけれど、人生はそんなに甘くありません(笑)。しかし、苦悩や厳しさを通して見えてくるものがきっとあるはず。

ちょっと、ホロリweepともできる映画ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

北海道フレンチ ラ・サンテ

久々の北海道訪問!降り立った空気の綺麗shineさに、思いっきり深呼吸です。

まだ暑い日もある東京と違い、北海道は過ごしやすい涼しい日が続いています。

トマ子はこのたび、「うーん、有名高級店より、コスパが良いお店はないものかな」と、探し、気になるお店があったので行ってみることにしました。

それが、札幌市中央区にあるフレンチの店  ラ・サンテ wine です。

駅を出てお店に向かう通りは、おしゃれなパン屋breadさんや花屋さtulipん、雑貨屋さんclipがあります。ふむふむ、このあたりは、そういうお洒落なお店ができ始めた地区なのかなと、想像しながら歩くこと10分。

ラ・サンテを見つけましたhappy02

Photo_8

店内の様子です(笑)

トマ子は、4600円 の シェフのおすすめ heart04 にしてみました。

旬の北海道食材をふんだんに使い、5品出るとメニューにあります。ワクワク。

最初に出てきたのは とうもろこしとオレンジ風味のスープ。これを飲んだときに、「このお店の料理は美味しいに違いない」と確信しました。濃くて甘いとうもろこしにオレンジがさわやかです。

そして、スッと差し出された小さめなパン!!かわいい~。子供向けみたいな大きさですけれど、噛むとパリッとして、しっかりした歯ごたえと風味。

Photo_15

次に、秋鯖と茄子のライムがけ です。鯖がキラキラして綺麗です。

Photo_17

秋鯖ってこんなに身がしまって脂がのって美味しいのね。茄子も秋さばも今が旬!のってる脂もライムがキュッと引き締めています。それに添えてある野菜は、うまみが凝縮しています。甘くてサクサク。はぁぁぁ、トマ子はよく味わって食べました。

そして、さんまのミルフィーユです。うーん、パイ生地がサクサク。さんまもちっとも臭みがなくて、パン粉とハーブが香ばしいなぁ。

Photo_12

次は何かなぁと心待ちにしていたら、ホッキ貝waveと落葉きのこのリゾット が出てまいりました。

Photo_16

海の幸山の幸の意外な取り合わせなのですが、見事に調和しています。この落葉きのこというのは、お店の方の話だと針葉樹の葉が落ちてそこに生えるきのこなんだって。口のそばに運ぶと、ふわ~っと芳しい香りが鼻をくすぐります。

私はこれで満足・・・と感じていたら、最後の一品が登場しました。

ポークのスペアリブ、ビール煮beerです。 黒ビールでじっくり煮ただけであり、もうトロトロです。私、脂身が苦手ですけれど、これは残さずいただきました。

Photo_14

それにしても、このレストランで出た、北海道野菜のバリエーションには驚きました。秋鯖に添えてある野菜には、緑色のちょっとトラ柄みたいなトマトもありましたよ。

とっても上品な味付けで旬の食材をふんだんに使って4600円。すばらしいコストパフォーマンスのお店です。

調理場は客席から見えますが、中は忙しそうではあるものシェフは怒鳴ったりは決してしませんでした。

最後にシェフに「ごちそうさまでした。美味しかったです」と言ったら、ニッコリ笑って「ありがとうございました」と返ってきました。予約して行ったほうがいいですよ。私が行ったときは結構混んでました。

それにしても北海道は水も空気も食材もすべて美味しい。日本のイタリアlovelyみたいな場所なのかな?と感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

手間隙かけた一品を  井のなか

錦糸町の名店「井のなか」を、ついに訪問!トマ子ーっと行きたかったんですhappy02

Photo_5

ようやく行けましたっcrying

料理もお酒も、こだわりの品々shineが出されます。決してトマ子のお弁当のように、洗っただけとか、単に煮ただけ なんて料理は出てきません。

Photo

一口食べてナチュラルな美味しさだと思っても、素材の良さを最大限heart01に引き出すために、それはもう手間隙かけています。

Photo_2

たとえばね、このメンチカツ、日本酒の銘酒が入っているんですって>工藤さん談。

Photo_3

お肉もフワフワジューシー lovely だし、野菜や肉が新鮮なのは食べてすぐにわかります。しかし隠し味に日本酒とは。

それも料理酒でなくて、そのままお店で出されている日本酒ですよ~!さすがです。そしてそして、レバーパテもね、初めて食べる味でした。見た目はミートソースのようで食べると軽い味わい、そしてあと引く美味しさなんです。

Photo_4

お刺身も、新鮮!身が引き締まっています。

メインにはshineヤギと羊を4時間以上オーブンで焼いた 芸術的一品shineが出てまいりました。

Niku

羊もヤギも臭くなくて、どこかの一流ホテルbuildingのパーティーに出るようなお料理です。迫力があります。うーん、料理人としてどこまでいくのか、工藤さんはすごい人です。

絶対にまた行きたいお店のひとつになりました。ふふふ。

そして、この日お会いした方々が皆様気遣い上手!一期一会を大切にしたいと感じた夜でした。出会いに感謝を。同席させていただいた皆様、本当にありがとうございました。

【ご一緒した方々】

「東京グルメ 居酒屋訪問記」Mさん

「俺は座らない。ハイボールGOGOGO!」hiball555さん

「くにろく 東京食べある記」くにさん

その他3名の方とご一緒しました~♪

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2008年9月11日 (木)

ホロニガ日記☆幻の朝鮮焼きに挑戦!@新橋

びそきょ、びそきょ、びそきょ~、びそきょ~が~食べるぞ~。

暗黒卿びそに新橋連れてってもらったよ~。

ひぃやっほう♪Horo_

びそ「ホロニガ~、朝鮮焼きって知ってっか?」

ホロニガ「なにー?朝鮮焼きってなにー?」

びそ「それがよ~、何の肉だか誰もしらねぇんだよ」

ホロニガ「ど、どゆこと・・?」

びそ「前行った時によぅ、

   びそ『おやじ~、コレうめえなあ!コレ何の肉?』

   おやじ『・・・・・・・』 」

びそ「ぜってー教えねえの。ニヤニヤしてるだけ。あれ絶対、犬の肉だよ」

ホロニガ「いぃい・・??」

Photo

なーんて、やりとりがあって、内心ビクビクドキドキで新橋へ!

出てきたのがこの肉なのです。もちろんガッツリ食べましたよ。しかもコレがうまいっ!

ホロニガ「びそきょ~、これうまいよ~!」

びそ「だろ~?そりゃうまいよ、コレ犬だもん」

びそ「おやじ~!肉うめぇな!ところでこれ何の肉なの?」

おやじ「これ?豚だよ。豚のハラミ」

びそ「・・・・・・・」

ホロニガ「・・・・・・・」

豚じゃん・・・・Horo_

Photo_3

ところで、この店焼き鳥がうまくてさ。焼き鳥を食べに来たと言ってもほとんど過言じゃないね。どお?この焼き上がり♪

Photo_2

エイヒレむちむち~♪

Photo_4

玉子もむちむち~♪

Photo_5

そして、やっぱりコレ!焼きそば、うまいっ!

いや~、新橋ってほんとにいいところですね~(もちろん晴男風)

Toma_なんでも、むちむちしてるんだねぇ~。ホロニガくんも最近むちむちだもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

トマ子の勝手に映画評論! 「20世紀少年」

何やら怪しげな

ケーンジくん、遊びましょ

という予告の、あの声が耳に残り、絶対に見ようと思っていた20世紀少年に行きました。

ストーリーは、少年の頃、ある男の子が遊びで書いた「よげんの書typhoon」が実現していき、世界中で恐ろしいことが次々と発生していく というもの。

ただし、書いた本人が実現させているのではありません。

誰が、何の目的で?そして今後は?

40代のケンジ君達の生活や結束力は

えっ、みんな働いてpcいるのに、そんなに集まれるのか?え、そこにいたら見つかるでしょ 普通はcoldsweats01

など、素朴な疑問がムクムクと浮かんで突っ込みどころは満載fujiなのですが、それはそれ、映画は架空のファンタジーということで(笑)。

残念なのは、解決せずに次回に続くこと。第二弾前提の映画です。

映画が終了して会場から出るときに、知らないカップルの会話が聞こえたのですが

「男: いや、ああいう終わり方しかできないんだよ。どこで区切るかと思っていたんだよな」

と言ってましたのでスケールが大きいし、一話ではとても描き切れないのでしょう。

でもハリーポッターだって一話簡潔にしてくれてるじゃ~んと、不満dashを持ってしまったのでありました。

第二弾観るのどうするかな~。でも気になるしなぁ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

銀座で北海道の食材をいただく

集合~heartが、かかったので学生時代の友達と銀座shineで待ち合わせ。今日は、北海道の食材を使用し、3日前にコースのメニューが決定するという お店 でした。

幹事の子が事前にコースを申し込んでくれたので、私達は飲み物をチョイス。写真のように北海道ならではのドリンクもたくさんありますよ!(一番左はトマトのサワー)。

Photo

このほかにもハスカップジュースなどもございます。

これはゴボウのサラダ

Photo_2

ゴボウを薄~くスライスして揚げてます。友達は「これはゴボウを鉋(かんな)で削って・・・、あ、ピーラーだ(笑)」と言ってました。鉋で削るって言いたくなる気持ち分かりますよね(鉋というと思い浮かべるのは鰹節だなぁ)。このサラダ、ちょっと口の中がゴワっとしますbleah

さて、ほかにも たっぷりの白子と、なすとキノコが添えられた鮭 の料理や、

Photo_3

サーロインステーキtaurusやわらか~)などが出ました。

Photo_4

私のお気に入りは

青紫蘇とカボスの香りがぷーんとする、イクラたっぷりご飯riceball!美味しかったなぁ。

Photo_5

そして、写真に撮るのを忘れた「インカのめざめ」など、ジャガイモ2種の上にたっぷりチーズが乗っかったお料理。これが素朴だけど美味しかったですぅ。

デザートにはチーズケーキが出ました。そして、お会計も済んでお外へ出ようとしたら、スタッフの方から「ありがとうございました~」と、マルセイのバターサンドlovelyを一人一つずついただきました。ちょっとお得な気分でしょ!(笑)

女友達の会話は尽きることなく、たくさんの笑顔とともに美味しいご飯をいただけて、トマ子は本当に幸せでした(引退するみたいな台詞だなぁsweat02そして、今回集まった友達の何人かがこのブログを見て、活用してくれていることが分かりました~。う、嬉しいっ

「オーチャードに行ったよ~。美味しかった!!」「ラヴェーラを使ったら、良かったの!」などと言われ、ちょっとでも人の役に立っていることが嬉しくて嬉しくて感動happy02した夜でもありました。

みんな、どうもありがとうね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

トマ子の勝手に映画評論! 「能登の花ヨメ」

皆さんは、能登fishを訪れたことはありますか?私は残念ながらないのです~。

 このたび、能登が舞台になっている、田中美里さん主演の「能登の花ヨメ」を観る機会がありましたので、ご紹介します。

 結婚する予定の藤川みゆき(田中美里)は、ひょんなきっかけで婚約者の母親のもとへ行くことになる。能登に住む義理の母親は口数が少なく、みゆきに期待することも多くなさそう・・・。能登特有ののんびりcloudした文化や、人間関係の濃密さに閉口するみゆきだったが、いつの間にか「自分らしさ」を取り戻し、たくましくなって・・・。

ストーリーの詳細は話しちゃうとネタバレですから、これ以上は言いたくても言いません!

しかしですね、

トマ子的キーワードflairをお教えすると

・コケ鍋lovely  非常に美味しそう!

・ほんわかchick

・待つことの大切さconfident

ですかね。

気になりますでしょう~(笑)。

派手さはなく、ドキドキもなく、どちらかといえばジンワリくる作品です。

ただ、自分が表面的なことや華美tulipことにとらわれていないか、そして周囲への思いやり協調性goodを失っていないか考えさせる作品でもあると思いますよ。

公式ホームページをよく読んでから観ると、一層楽しめること間違いなしです。

では、また~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

優秀!韓国コスメ

トマ子は旅行が大好き。そして買い物も大好moneybagです。

最近はブランドにはそれほど興味はなく(・・・というよりも、ヨーヨー稼業ではリッチにはなれないので、買えないという厳しい現実あり)、もっぱら「お手ごろで使える物happy02」を探して、ウロウロしております。

このたびご紹介するのは、韓国コスメです。

韓国は近いし、ご飯は美味しいし、コスメは安くて優秀ですし、美への執着心がすごくて食べるもの、つけるもの全て「綺麗になるためにlovely」というキーワードが付いてくるような国で、女性にはぴったりです。

私の友達の韓国の子いわく、

「肌が綺麗じゃないと出歩きたくない!特に(の肌)!!!」

らしく、背中ににきびが出来ても見えないからあまり気にならないそうですが、顔に出来たらば大騒ぎって言ってました。

その子も細くて肌が綺麗な子でしたよ~。肌へのこだわりは日本人の比じゃ~ありません。

だからエステも安くて充実しているんですよねん。アカスリとかね(トマ子はアカスリが苦手です。以前帰国してから皮膚科に行きましたよ。肌が弱い人には薦めません)

私は韓国通ではないのですが、化粧品は買い捲りました。とくにシートマスクconfidentは安くていろんな種類があるから、お土産に最適で友達にたくさん買って、配りましたよ。

ところで、私がオススメな基礎化粧品を紹介したいと思います。

すでにご存知の方もいるとは思いますけれども「雪花秀(ソルファス)」です~。

Photo

韓国コスメとしては有名なブランドですね~。ここのホームページがなかったので、売っているサイトを貼り付けています。

この美容液がとても優秀で、日焼けしたときに他のメーカーの化粧水などをバシャバシャつけて、雪花秀の美容液を惜しげもなくつけると肌が落ち着きました。植物の成分がたっぷり入っていて、私は匂いも好き。効きそうです。

そして、冬の間はお世話になった「THE FACE SHOPNUTRITION ESSENTIAL LOTION、つまり乳液。

Photo_2

これは、しっとりいたします。昔懐かしい化粧品のかほりがするんだな。ほかにも野菜パックとか、ネイル、おコメのパックとかチョコレートの香りのローションなどの食べ物を使った化粧品などが有名ですよね。

今日はこれまで。

では、おやすみなさい~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

トマ子の勝手に映画評論! SATC

トマ子がヨーヨー巡業をしている間、留守をHoro_ ホロニガくんに任せていました。

好き勝手に書いていたみたいですけど、お留守番(ブログの)をしてもらっていたので、ホロニガくんにはお礼にチロルチョコshineを1つあげました。

ホロニガくん、ありがとうhappy02

さて、今日は映画について書いてみようと思います。

「帰ってきた4人組」の映画、SATCです~heart04!(○ルトラマンではない)

これは、もう絶対観なくちゃと行きましたよ~。封切になって2日目に。

あのシリーズは全部○○UTA○Aで借りて(笑)、数年前に見まくったなぁ。オシャレrouge人生を楽しむことには湯水のようにお金を使うwave、職も趣味もばらばらな4人が、いろんな恋愛loveletterをするんですよね~。

そして、食べるシーンがいつも美味しそうなんだよなぁ。お茶cafeランチbreadディナーrestaurantバーbarなどなど。

ともかく女友達はいいよね~shineうんうん、と共感しちゃうんです。

今回は、あれから10年経ったキャリーたちがそれぞれ人生の節目を迎えて登場します。ある雑誌の映画評論には「皺もたるみもあって痛々しい。設定に無理もある」と書いてあったけど、私はあの年で(40代~50代)あれだけ綺麗スタイルも保持していること自体がすごいと思うなぁ。

元気をもらえる映画だから見る価値ありですよ!

結婚してもしなくても、いつまでも「女」でいることに誇りを持っている彼女たちの映画、ぜひ見てくださいね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »