« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

オススメのパン屋さんです

  郊外にある、とても美味しいパン屋さんをご紹介しま~す。

なんと、友達breadが開業したのですぅ。我が友達が旦那様と一生懸命修行してついに念願のお店をオープンlovely

それは、

府中市日新町5-66-25

LA BOULANGERIE PANACHE(パナシェ)です。

Photo

Photo_2

日新小学校の近くです。

友達だからという贔屓目ではなく、本当に美味しいです!

都内にあるパン屋さんに負けてません。たとえば、デニッシュはまとめ買いするお客様も多い人気商品。サクサク感がたまらなく、フルーツたっぷり。

Photo_3

近頃はバターが不足していますが、ここのお店はそんな厳しい中でもバターたっぷりなのです。

Photo_4

そしてトマ子の大好物スコーンが激うまですheart01バターの香りと、甘すぎない味。赤いクランベリーがポコポコッと入ってます。

パン・ド・ミーバターロールも癖のない美味しさ。毎日食べるのに、飽きません。

Photo_5

小腹が空いたら、サックリしたクッキーhappy01をどうぞ。おやつにぴったりです。

Photo_6

Photo_9

外観も可愛くて、夢のあるパン屋さん。これからも仲良く夫婦二人で頑張って欲しいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

心がこもってました in 三重

三重に行く用事ができまして、行ってまいりました。そこで、とあるお店に地元の方に連れて行っていただいたのですが、これが高級店というよりも「こだわりがある、心のこもった料理を出す店」だったのです。

外食ですけれど健康的で美味しいdelicious、そして作った人の愛情heart04がこもっていてまるで、家庭のおもてなし料理のよう。

まず~、三重県産のムール貝です。三重県でムール貝ってトマ子は意外だったのですが、皆様はご存知でしたか?

Photo

このムール貝の旬は、もう終わり(三重県では)だとのこと。ふっくらした身が驚きの美味しさ。調理にバターは使わずに、高級オリーブオイル白ワインで仕上げた一品。

次はチーズ。中はトロトロです。これを、ムール貝と一緒に出してもらったフランスパン(ムール貝を蒸したときに出たソースをつけて食べるんだって)と、一緒に食べます。赤ワインwineとともに。

Photo_2

しあわせ~heart02

おっと、ここですごいお酒が出てまいりました。ここのお店のママの出身が飛騨高山ですので、飛騨高山の「鬼ごろし」(日本酒)でございます。埼玉にも同名のお酒がありますが、あれとは違いますのでご注意を!私はお隣の同僚の「鬼ごろし」を一口いただきましたが、すっきりした後味が印象的でした。

Photo_3

パスタも優しい味がしましたよ!これはバジルのパスタ。茹でたてのパスタがテーブルに登場したら、先ほどのチーズも乗せて和えて出されました。これが、優しい味ですrestaurant

Photo_4

最後には取れたてフルーツのイチゴと蜜豆が入ったバニラのアイス。イチゴは丸ごとゴロリとフローズンで入っていて、もう涙が出るほど美味しかったよ~!!crying

連れて行っていただき、ありがとうございます と、同行した方に何度もお礼を言いました。皆様も三重県に行きましたら 大門 にある「まほらば」というお店へどうぞ。小さいながらも愛情たっぷりでヘルシーなお料理が楽しめますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

ちょこっと神戸

神戸に日帰りで行って参りました。本当はゆっくりしたかったのですが、諸事情でそんなことは許されず・・・sad

さて、まずは神戸出身の知人が大推薦している赤萬餃子三宮店へ。

Photo_7

赤萬餃子三宮店データ

営業:13:00~21:00  (定休)水曜日
住所:〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通2-2-1
電話:078-331-0831

美味しいし、お店の奥様は上品で優しい!お酢とラー油と醤油の他に、お味噌も入れたタレにつけて食べます。行列が出来ているので早めに行って待ちましょう。小振りで可愛い餃子ですよ。

そして、ここもお勧め。イスズベーカリー。

Photo_8

文章で書くよりも、これをご覧いただいた方が!一目瞭然。

Photo_9

ね、凄いでしょう!私は、グランプリを獲得したリュスティックをいただきました。

最後に、全然神戸土産っぽくないけど、大人買いしたガリガリくんの入浴剤たち。面白いから、つい買ってしまった。

Photo_10

充実の神戸でした。遊びに行ったわけではなかったのですけれど。オホホ。

遊びでなくてもうらやますぃ。オホホ。(ホロニガくん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

のんびり旅はカンボジアがいい!

<旅なら、どこへでも>

トマ子の一番の趣味は旅行ですので、小銭をせっせと溜めては旅行に行きます。国内も国外もどちらも同じくらい好き。箱根だろうがエジプトだろうが、旅ならばなんでもOKなんです。

案外近い土地でも知らないことが多いですからね。特に一人旅は地元の方と触れ合えて、とても楽しいですheart

一人旅の場合はホテルbuildingに泊まると夜は妙に寂しいので(3日くらい一人で夜、ホテルにいると、なんだか怖くなってきますから)、もっぱらトマ子はユースホステルに泊まります。

ユースで同室の子たちと旅の情報交換をしたりして盛り上がり、その後友達になるloveletter・・・なんてこと、よくありますよ。

<さて、カンボジアの話>

さ~て、今回ご紹介するのはカンボジアの旅。なぜカンボジアの旅をブログに書くのかといえば、ただ単にパソコンに偶然写真が残っていたから。トマ子、結構アバウトな性格です。

カンボジアはのんびりしていました。治安も割に良いし。もちろん遺跡を見に行ったのですが、カンボジアに行く少し前にエジプトに行ったばかりだったので、エジプトの遺跡のすごさに圧倒されて、カンポジアは物足りないと思ってしまったのは事実です。しかし、アンコール・ワットはよかったですし、王様crownの行水用のプール?の大きさにもびっくりしました。アンコール・トムや、が巻きついている寺院。そして昔はどの寺院にもいたといわれる踊り子たちの姿が刻まれた壁などなど。

ポルポト政権の爪あとも遺跡に残っています。一つ一つの建物には歴史が感じられます。悠久の時を刻んでいるのですな。

Photo

カンボジアの遺跡群を見に行く予定の方は、お急ぎください。酸性雨の影響で石造りの建物の侵食が進んでいます。見に行くなら早いうちに!

Photo_2

それからカンボジアに行ったら、ぜひ果物を食べてくださいね(カンボジアで採れたものでないとダメよ)。なぜなら自国で採れたフルーツは、無農薬でとっても美味しいのです!

特になんかは小さいけれど香りがよく甘い。タイなど近隣諸国で採れた果物も輸入されていますが、こちらは農薬を使っているそうです。「カンボジアで採れた果物は農薬を使っていないから体に優しくて美味しいんだよ」と地元の方が言ってました。たぶん本当。

野菜が豊富で、料理はタイ料理と中華とベトナム料理が混じっています。このごろは韓国からのお客様が多いので、韓国料理のお店も街にはチラホラ。

Photo_3

のんびりした旅にはカンボジアはぴったりです。日が昇ると開く美しい蓮の花に、心癒されることでしょう。

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »